コラム

霧ヶ峰で古代の自然信仰に出会う 「歩く」ことで人生の歩みを再確認

2020年03月23日(月)18時30分

◆リフト搭乗の"ルール違反"

7R408679.jpg

スキー場のリフトで山頂へ

さて、今回の目標地点は、我が別荘地を見下ろす霧ヶ峰高原の最高峰、車山(1,925m)である。この八ヶ岳山麓から諏訪湖にかけての長野県諏訪地域は、日本人の源流である縄文文化が花開いた地だ。前回は、諸星大二郎の縄文ロマン漫画『暗黒神話』の舞台になった尖石遺跡を訪ね、その一端に触れた。縄文は自然信仰の文化だ。前回の旅では、聖なる八ヶ岳・蓼科山を眺めながら日本人の一人として自らのルーツに思いを馳せたが、今回は信仰の対象であった「山」そのものの山頂に立ち、思いを深めたいと考えた。

その車山山頂に至る前に、重大な告白をしなければならない。「徒歩の旅」であるからには、乗り物移動はご法度である。しかし、今回は車山山頂まで、スキーリフトに乗った。リフトが乗り物に当たるかは判断が分かれるところだが、やはり僕は乗り物だと思う。そういえば、第6回で立ち寄った天空のニュータウン「コモアしおつ」へも、駅から高台のニュータウン中心部まで、長いエレベーターに乗った。その時は特に"ルール違反"だとは思わなかったが・・・。

実は、今回、愚直にゲレンデ脇の登山道を歩こうかとも迷ったのだが、スキー場として整備されている山だとはいえ、雪山登山である。高校時代に少し山をかじったくらいの僕には危険すぎる。反面、ここまで来て縄文文化的にも意味が深い「山頂」に立たないのももったいない。それで、グレーゾーンのリフトを利用させてもらったのだが、このモヤモヤは最後まで心の片隅に残ることだろう。

7R408681.jpg

車山高原スキー場のゲレンデ

7R408781.jpg

リフト山頂駅から望む八ヶ岳

◆天空の自然信仰の聖地

7R408804.jpg

車山山頂付近から見る中央アルプス、富士山、北アルプス

車山山頂からは、八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、北アルプス、浅間山と、中部山岳地帯の高山が全て、360度に見渡せる。間違いなく「日本列島の中心に立った感」を得られる場所だ。これは、諏訪大社を訪ねる次回に詳しく考察する予定だが、縄文文化の中心地もこの諏訪にあったと僕は考える。日本人のルーツが地理的にも「真ん中」であるこの地にあったとするのは、あまりに収まりが良すぎる嫌いもあるが、車山の360度パノラマを見れば、多くの人が「さもありなん」と思うのではないだろうか。

そんな車山山頂は、気象観測にも適していて、大きなボール状の気象レーダーが建っている。そして、自然信仰の地としても放っておかれるはずもなく、レーダーと並ぶようにして、御柱(おんばしら)が立つ車山神社が聖地を形成している、御柱とは、諏訪地域独特の神木。諏訪神社の祠や境内を囲むようにして建てられている4本の丸太である。奇祭として有名な7年に一度の「御柱祭」は、これを新しいものに建て替えるために、山からモミの木などの丸太を切り出し、神社まで大勢の人力で運んでくる祭りである。全国的に有名な「御柱祭」は、全国の諏訪神社を束ねる諏訪大社の祭りを指すが、諏訪地方の全て諏訪神社で、同時期に同じことが行われる。それらは「小宮祭」とも総称されている。

7R408904.jpg

近代的な気象レーダーと重なり合うように建つ4本の御柱に囲まれた車山神社

車山神社も例外ではなく、1,925mの山頂の境内まで4本の御柱が曳かれてくる。数ある御柱の中でも最も高い所まで曳いてこられる「天空の御柱祭」である。僕は、前回の2016年に見ているが、大パノラマの中、地元の人たちの掛け声と共に曳き立てられる御柱は誇らしげだった。「巨木」と「山岳風景」という、日本列島独特の大自然と一体になった祭り。これこそが、縄文文化的なルーツを感じさせる御柱祭の真髄である。

DSC09506.jpg

「天空の御柱祭」。車山山頂まで曳かれてきた車山神社の「一之柱」(2016年9月撮影)

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

キーワード

ニュース速報

ビジネス

米コインベース上場、仮想通貨の主流資産入りに弾み 

ワールド

大阪府の新規コロナ感染1130人、過去最多 兵庫も

ワールド

韓国大統領、処理水放出決定で国際海洋法裁判所への提

ビジネス

経済・物価、コロナの影響などで引き続き下振れリスク

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 10

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    青色の天然着色料が発見される

  • 5

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中