コラム

灼熱の甲府盆地で「地名の由来」を考察する

2019年08月23日(金)18時00分
灼熱の甲府盆地で「地名の由来」を考察する

カラスの案山子もぐったり。真夏のぶどう畑にて=山梨県山梨市  撮影:内村コースケ

第11回 塩山駅 → 甲斐善光寺(甲府市)
<平成が終わった2019年から東京オリンピックが開催される2020年にかけて、日本は変革期を迎える。令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた>

◆塩不足に苦しんだ甲斐の国に「塩の山」?

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの10回で歩いてきたルート:YAMAP「活動データ」より

勝沼のブドウ郷を歩いた前回の終盤、塩山駅の後方に小高い山が見えた。甲府盆地の縁に、背景の山々から独立してポツンと佇む山。それが「塩山」の地名の元になった「塩ノ山」だとはっきり分かったのは、後で地図を見直してからだ。甲府盆地を囲む1,000m級の山々と比べて明らかに控え目な低山ながら、進行方向にずっとそのちょこんとした三角形の姿が見え隠れしていたので、どうにも気になる存在だった。だから、今回塩山駅から旅を再開して、まっすぐ塩ノ山に向かった。

10_127.jpg

前回の旅の終盤、塩山駅の背後に見えた「塩ノ山」

JR中央本線塩山駅周辺の市街地は、2005(平成17)年に旧勝沼町と大和村と合併して甲州市になるまでの旧塩山市のエリアだ。「塩山」の地名は、この塩ノ山から来ているが、字面からはいかにも岩塩が採れそうである。しかし、実際に目にする夏の塩ノ山には青々と木が生い茂り、塩の気配は感じられない。そもそも、『伯方の塩』なら有名だが、『甲州の塩』なんて聞いたことがない。

「塩ノ山」の名前の由来には諸説ある。ストレートに<かつては岩塩が採れたから>という説もある。しかし、ある有名なことわざの由来を知れば、ますます眉唾ものだ。武田信玄が治めていた時代、ここ甲斐の国は塩不足に陥った。それを知った信玄のライバル、上杉謙信は、部下に命じて甲斐に塩を送らせた。この故事が、「敵に塩を送る(敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う)」ということわざの元になっている。塩ノ山が文字通り塩の山だったのなら、この塩不足のエピソードとはなんともチグハグな歴史である。

有力なのは、『古今和歌集』の<志ほの山 差出の磯に住む千鳥 君が御代をば 八千代とぞなく>という歌の「志ほ(しお)の山」が転じて「塩ノ山」になったという説だ。「差出の磯」とは、隣の山梨市にある笛吹川沿いの景勝地で、今も変わらずその名で呼ばれている。では、「志ほの山」という地名がどういう意味を含んでいるかというと、元は「四方の山」で、「四方どの方向からもよく見える山だから」という説がある。前回、塩山を目指して歩いていて、常に塩ノ山の存在が気になったことを振り返れば、納得のいく説である。ちなみに、この三角形の塩ノ山、ピラミッド伝説があるパワースポットだということも付け加えておこう。

190811_020.jpg

今回到達した塩ノ山山頂

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

ニュース速報

ワールド

ボリビア大統領辞任、ベネズエラなどに強いシグナル=

ビジネス

英保守党、選挙勝利なら即座に中銀新総裁を指名へ─財

ビジネス

効果的経済対策取りまとめたい、ワイズスペンディング

ワールド

ウクライナ疑惑、米下院が新たな証言記録を公開

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

  • 4

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 5

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 10

    香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 10

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!