コラム

外国人観光客を図に乗らせている、過剰な「おもてなし」やめませんか

2019年12月20日(金)11時20分
周 来友(しゅう・らいゆう)

TOMOHIRO OHSUMI-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

<マナーの悪い観光客と言えば中国人、というのが通説だが、実際は欧米人だってひどい。なぜ日本では外国人観光客全般のマナーが悪くなりがちなのか>

日本ではよく「お客様は神様」と言われるが、本当は「神様」なんかじゃない。新宿ゴールデン街のママたちから愚痴を聞いて、そんな思いが頭によぎった。

ゴールデン街には今、欧米からの観光客が大挙して訪れている。わずか3~4.5坪の小さな飲食店が密集するゴールデン街では「はしご」が当たり前。店に入り、チャージも払って何杯か飲んだら次の店に移る。そういう楽しみ方が一般的だ。彼らがそれを知らないのは仕方がないとしても、チャージについて説明すると文句を言ったり、同じ店にずっといて大騒ぎしたりするらしい。私も目撃したことがある。

品川の駅前ではこんな光景も見掛けた。高輪口を出ると、歩道橋の近くに広いスペースがあるが、そこで白昼堂々、欧米人の観光客たちが酒盛りをしているのだ。すぐ近くに交番があるのに、警察官もその迷惑行為を注意しない。路上で繰り広げられる安上がりなパーティーと、散乱したビールの空き缶を見たのは1度や2度ではない。

観光客のマナーが悪いのは今に始まったことではないし、日本に限った話でもないだろう。ただ、これまで日本ではマナーの悪い観光客と言えば中国人、というのが通説だった。そんな報道が繰り返されてきたし(編集者によると、本誌でも2007年に中国人観光客の特集を組んだらしい)、「銀座の路上で中国人が子供に小便をさせていた!」と、ワイドショーでこぞって報じられたりもした。なぜ「マナーが悪い欧米人」は話題にならないのだろう。

何も「中国人は悪くない」と言いたいわけじゃない。文化の異なる国からやって来るのだから、日本の習慣に戸惑う人がいるのは当たり前。問題は、日本では外国人観光客全般のマナーが悪くなりがちで、それはなぜかという点だ。

私はその原因は日本の「おもてなし」にあると思っている。迷惑だと思っても「神様」だから注意できない。それが彼らを勘違いさせ、図に乗らせているんじゃないか。例えばアメリカでは路上飲酒が禁止されている州が多い。そこで、「日本ではOKだってさ!」とハメを外して飲んでしまう──だからと言って空き缶を散乱させていい理由にはならないはず。

日本に来ると「お客様は神様」で、デパートに入れば深々とお辞儀をされ、買い物をすれば商品は丁重にラッピングされる。プレゼントだと言えば、手渡し用に奇麗な紙袋を付けてくれることさえあり、そんな経験をしたことのない外国人は単純に感激してしまう。「日本ってスゴイ!」

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

米FRB、経済活動はなお順調 支援策撤回に向けた議

ビジネス

華為やZTE、「米救済計画法」の適用除外を 上院議

ビジネス

米ロ、核軍縮協議再開 9月会合開催で合意=米国務省

ビジネス

米、連邦政府機関内でのマスク着用指示 コロナ感染拡

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中