コラム

外国人観光客を図に乗らせている、過剰な「おもてなし」やめませんか

2019年12月20日(金)11時20分
周 来友(しゅう・らいゆう)
外国人観光客を図に乗らせている、過剰な「おもてなし」やめませんか

TOMOHIRO OHSUMI-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

<マナーの悪い観光客と言えば中国人、というのが通説だが、実際は欧米人だってひどい。なぜ日本では外国人観光客全般のマナーが悪くなりがちなのか>

日本ではよく「お客様は神様」と言われるが、本当は「神様」なんかじゃない。新宿ゴールデン街のママたちから愚痴を聞いて、そんな思いが頭によぎった。

ゴールデン街には今、欧米からの観光客が大挙して訪れている。わずか3~4.5坪の小さな飲食店が密集するゴールデン街では「はしご」が当たり前。店に入り、チャージも払って何杯か飲んだら次の店に移る。そういう楽しみ方が一般的だ。彼らがそれを知らないのは仕方がないとしても、チャージについて説明すると文句を言ったり、同じ店にずっといて大騒ぎしたりするらしい。私も目撃したことがある。

品川の駅前ではこんな光景も見掛けた。高輪口を出ると、歩道橋の近くに広いスペースがあるが、そこで白昼堂々、欧米人の観光客たちが酒盛りをしているのだ。すぐ近くに交番があるのに、警察官もその迷惑行為を注意しない。路上で繰り広げられる安上がりなパーティーと、散乱したビールの空き缶を見たのは1度や2度ではない。

観光客のマナーが悪いのは今に始まったことではないし、日本に限った話でもないだろう。ただ、これまで日本ではマナーの悪い観光客と言えば中国人、というのが通説だった。そんな報道が繰り返されてきたし(編集者によると、本誌でも2007年に中国人観光客の特集を組んだらしい)、「銀座の路上で中国人が子供に小便をさせていた!」と、ワイドショーでこぞって報じられたりもした。なぜ「マナーが悪い欧米人」は話題にならないのだろう。

何も「中国人は悪くない」と言いたいわけじゃない。文化の異なる国からやって来るのだから、日本の習慣に戸惑う人がいるのは当たり前。問題は、日本では外国人観光客全般のマナーが悪くなりがちで、それはなぜかという点だ。

私はその原因は日本の「おもてなし」にあると思っている。迷惑だと思っても「神様」だから注意できない。それが彼らを勘違いさせ、図に乗らせているんじゃないか。例えばアメリカでは路上飲酒が禁止されている州が多い。そこで、「日本ではOKだってさ!」とハメを外して飲んでしまう──だからと言って空き缶を散乱させていい理由にはならないはず。

日本に来ると「お客様は神様」で、デパートに入れば深々とお辞儀をされ、買い物をすれば商品は丁重にラッピングされる。プレゼントだと言えば、手渡し用に奇麗な紙袋を付けてくれることさえあり、そんな経験をしたことのない外国人は単純に感激してしまう。「日本ってスゴイ!」

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(AFP通信記者)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

イラン国会にNPT脱退の動議提出=報道

ビジネス

銀行システムの流動性、適度に潤沢な水準に維持する=

ビジネス

仏ルノーがきょう取締役会、デメオ氏の新CEO指名承

ビジネス

金融緩和、あくまで2%の物価目標達成のため=黒田日

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 6

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 7

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 8

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 9

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 10

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!