コラム

音声SNS「クラブハウス」を告発、ドイツ消費者保護法違反で

2021年02月19日(金)17時00分

ドイツ消費者保護法違反として告発された「クラブハウス」。データが中国企業に送られていることも発覚した......  REUTERS/Florence Lo/Illustration/File Photo

<音声専用SNS「クラブハウス」はなぜ急激に世界で注目されているのか。いっぽう、ユーザーの名簿を要求する仕様のために、ドイツ消費者保護法違反として告発されることになった...... >

アプリ削除の勧告

現在、人気急上昇中の「クラブハウス」は、音声専用のライブ・ディスカッション・アプリだ。ドイツでは昨年末から、iPhoneで最もダウンロードされたアプリのひとつになっている。

世界が注目するクラブハウスだが、ドイツではこのアプリをめぐる問題が噴出している。ドイツ最大の消費者保護組織は、クラブハウスのオペレーターである米国の「アルファ・エクスプロレーション(Alpha Exploration Co)」に対し、違法な商慣行とデータ保護違反を止め、アプリを即刻削除するよう求めている。

2021年1月27日、ドイツ消費者組織連盟(VZBV)のクラウス・ミューラー事務局長の声明によると、クラブハウスは欧州連合(EU)のデータ・プライバシー保護法である一般データ保護規則(GDPR)違反の疑いでも告発されている。クラブハウスに何が起こっているのか?

クラブハウスの急成長

クラブハウスは2020年4月のコロナ危機の中でサービスが開始された。フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなど、シリコンバレーのスター企業に早くから投資したことで知られるベンチャー・キャピタル「アンドリーセン・ホロウィッツ」は、2020年5月段階で、クラブハウスに1,200万ドル(約13億万円)を投資した。

当時、このスタートアップの価値は1億ドル(約106億円)で、約1,500人のユーザーしかアプリを積極的に使用していなかった。その後クラブハウスの人気は米国を中心に、ドイツ語圏にも広がり、ロックダウン中の過去数週間で驚異的な成長を続けている。

クラブハウスの運営会社は、最近、週に200万人のアクティブ・ユーザーを報告したが、他の外部推計では800万から1,000万人の登録ユーザーがいると報告されている。このデジタル・パネルディスカッション用のオーディオ・アプリは、現在、投資家から時価総額が10億ドル(約1,055億円)と評価されている。

部屋での会話

クラブハウスは、「本物の会話と表現のためのスペース」として自身を説明する。ユーザーは、選択したトピックに対応するライブ会話の「部屋」を設定でき、アカウントを持っている人なら誰でも参加できる。

アカウント所有者は、携帯電話番号を使用して2人までアプリに招待できる。また、クラブハウスはApple iOSでのみ利用可能であるため、Androidユーザーは今のところ使用できない。招待制という希少価値からか、招待コードは高額の値段で、eBayなどで販売されたりもしている。

多くの会話の「部屋」は、億万長者や有名人の遊び場だけではない。このアプリは、起業家やインフルエンサーがいる大きな市場も開拓している。「高収入を得るための毎日の習慣」や「100万ドルのソーシャルメディア・エンゲージメント」といった名前のついた部屋は、専門家からのヒントやアドバイスを渇望する何千人ものリスナーを魅了している。

クラブハウスで大きな利益を手にするためには、先行特権を得ることだ。「クラブハウスのマスター・モデレーターになる」という部屋の人気は、これを象徴している。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ビジネス

暗号資産売買高、2月は17%増=調査会社

ワールド

WHO、中国調査報告を今月中旬に公表

ビジネス

米債利回り上昇、景気見通し改善を反映=セントルイス

ワールド

ローマ教皇がイラク訪問、暴力終結や宗教間の融和訴え

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!