最新記事
大学デモ

米学生デモは意外と「ユルい」? ...逮捕者続出も1番の心配は「スマホの行方」

2024年7月10日(水)13時56分
冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)
警官隊と対峙するパレスチナ支持のデモ隊

警察と対峙するデモ参加者は決死の覚悟......とは限らない(4月、ニューヨーク) AP/AFLO

<逮捕者が500人近くに及んだ米大学での反イスラエルデモ。参加した学生たちは「決死の覚悟」のように見えるが、逮捕によって人生を棒に振ることはないという──>

「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」今や米ニューヨークの街角風景と化しているのが抗議デモ。昨年10月、ハマスの越境テロを契機にイスラエル国防軍がガザへの攻撃を開始して以来、ニューヨークでは大規模なデモが続いている。

特にコロンビア大学とニューヨーク大学では、ガザ情勢の悪化に伴ってパレスチナ支持派のデモが激化した。最終的には警察が動員され、キャンパスを占拠していたデモ隊の多くは逮捕された。4月から5月にかけて、逮捕者の総数は500人近くに及んでいる。学外者も交ざるが、大半は両大学の学生だ。


コロンビア大学とニューヨーク大学といえば、アメリカを代表するエリート校だ。その学生が逮捕覚悟で運動をしているというのは、それだけ意志が強固だから? いや、それだけではない。今のアメリカで、特にニューヨーク市においてデモを行って逮捕されても、ユルイ結果で済みそうなのだ。

たとえデモ参加で逮捕されても、人生を棒に振るような悲壮な事態になることはない。

そもそも、逮捕容疑が国家反逆やヘイトになることはないだろう。事前に発令された退去要請を無視したなどとして業務妨害や私有地占拠などの容疑で逮捕されるのが大方のパターンだ。要するに逮捕といっても微罪である。

また、身柄は拘束されるがその時間は短い。身分が特定され、写真撮影と指紋押捺を済ませ、法廷への召喚状が交付されれば、たった数時間から半日で釈放になる。

逮捕学生も警察も、その際に一番気にすることは──取り上げたスマホなどの私物が間違いなく本人に返却されたかどうか、という点なのだ。

一部の金融大手は、デモに参加した学生は就活時に採用しないなどと脅しているが、法的拘束力はなく、学生へのプレッシャーにはなっていない。また、親パレスチナのデモ隊が逮捕拘束された際に水や食事が提供されない事態も発生したが、この一件は警察の失態として処理された。

いずれにしても、学生は堂々とデモをして逮捕されるし、警察は淡々と逮捕を執行して裁判所に書類を送るというのが、ニューヨーク流。これはベトナム反戦運動以来の伝統とも言える。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシアと中国の核搭載可能な爆撃機、米アラスカ付近を

ビジネス

人民元、12月以来の大幅上昇へ 円高と国有銀のドル

ビジネス

焦点:トランプ政権誕生ならインフレ再燃、FRBに新

ビジネス

半導体大手STマイクロ、通期予想を2度目の下方修正
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中