最新記事
ウクライナ情勢

黒海艦隊撃破の拠点になったズミイヌイ島(スネークアイランド)奪還の映像をウクライナが公開

Ukraine's Daring Liberation of Snake Island Revealed in New Headcam Footage

2024年7月2日(火)13時00分
エリー・クック

ロシア軍が撤退し、ウクライナ軍の黒海艦隊攻撃の拠点になったズミイヌイ島(2022年6月30日) EYEPRESS via Reuters Connect

<ロシアの侵攻開始直後に占領された同島を、ウクライナ軍はあっという間に奪還していた。2年を経て、作戦の様子が初めて明らかに>

ウクライナ保安庁(SBU)は30日、黒海の要衝である20をロシアから奪還した様子を捉えた動画を公開した。

【動画】ロシア黒海艦隊、水上ドローン攻撃に「なす術なし」...ヘリの機銃掃射を回避し「自爆攻撃」を成功させる緊迫シーン

SBUは30日、メッセージアプリのテレグラムに、ウクライナ軍とSBUは2022年6月にズミイヌイ島(英語名スネークアイランド)に対し「他に例のない非常に重要な作戦」を行ったと投稿した。

ロシア軍は2022年2月のウクライナ侵攻の開始直後にズミイヌイ島を襲った。ロシアの戦艦から降伏を求められた駐留ウクライナ軍部隊が、激しく抵抗したことは話題となった。

ズミイヌイ島周辺での両国の衝突は、同年6月にも報じられた。この時、ウクライナ側は島を奪還したと発表したのに対し、ロシア側は「善意」を示すために撤退するのだと主張した。

「ロシア軍はズミイヌイ島での任務を完了し、駐留していた守備隊を撤退させた」とロシア国防省の報道官は述べた。

30日に公開された動画では、ウクライナ側と見られる部隊がズミイヌイ島に接近し、発砲する様子が捉えられている。ボディカメラで撮影されたもので、兵士たちは島に上陸し、発砲しながら廃墟の間を抜けて前進していく。

本誌はこの動画が本物かどうか確認できなかった。

SBUによれば、ズミイヌイ島の奪還は「戦略的に重要だった。奪還して以降、黒海からの敵の段階的な撤退が始まった」としている。

ウクライナ国防省のキーロ・ブダノフ情報総局長はかつて、ズミイヌイ島は軍事的な理由からだけでなく、貿易や船舶の航行という点でも重要だと述べていた。

「この島を支配する者は、いつ何時でも、ウクライナから南に向かう船を妨害できる」し、ウクライナ西部を攻撃することもできるとブダノフは2022年5月、述べた。

黒海艦隊への猛攻の拠点

ズミイヌイ島はルーマニアに近い黒海の北西部に位置する。ここを起点にウクライナは、ロシアの黒海艦隊(クリミア半島西端にあるセバストポリに拠点がある)を脅かしてきた。

newsweekjp_20240702135251.jpg

赤いポイントがズミイヌイ島。ウクライナの主要な輸出港オデーサのすぐ南で、東のクリミア半島には黒海艦隊の拠点だったセバストポリがある。

報道によれば、セバストポリの軍事施設をウクライナ軍に破壊されたロシア軍は、黒海の東側にあるジョージアの新ロシア地域アブハジアに新たな軍事基地を作る計画だという。完成すれば、ロシアはこれまでよりウクライナ沿岸から離れた場所に艦船などを配置することができる。

欧米の情報機関の分析によれば、ロシアは黒海北西部における活動を抑えており、艦船をさらにクリミア半島を挟んでウクライナの東にあるノボロシースクの基地に移動させてきた。ウクライナ軍もこうしたロシアの基地や軍事施設に攻撃を仕掛けてきた。

「われわれはロシアの船舶をノボロシースク湾に事実上、閉じ込めてきた」とSBUのワシル・マリューク長官は5月に語っていた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシアと中国の核搭載可能な爆撃機、米アラスカ付近を

ビジネス

人民元、12月以来の大幅上昇へ 円高と国有銀のドル

ビジネス

焦点:トランプ政権誕生ならインフレ再燃、FRBに新

ビジネス

半導体大手STマイクロ、通期予想を2度目の下方修正
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中