最新記事
注目ニュースを動画で解説

10代の逮捕者続出....若者を惑わす「密入国ビジネス」組織の手口とは?【アニメで解説】

2024年6月20日(木)13時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
密入国ビジネス

Newsweek Japan-YouTube

<10代が巻き込まれる「密入国ビジネス」について解説したアニメーション動画の内容を一部紹介する>

アメリカで「人間の密輸」に加担するティーンエイジャーが急増している。

若者たちはスナップチャットなどソーシャルメディアの広告から、軽い気持ちで犯罪組織の「求人」に応募。カネのために不法入国者を運んだり、かくまったりしている──。

本記事では、本誌YouTubeチャンネルの動画「10代を誘惑する「密入国ビジネス」の実態...「稼げる」「身バレしない」に騙され逮捕される若者たち【アニメで解説】」の内容をダイジェスト的に紹介する。

◇ ◇ ◇

密入国は、文書偽造から福祉の不正受給、ギャング活動、金融詐欺、テロリズムまで、あらゆる犯罪の入り口と言われており、密入国への対応はバイデン政権の抱える課題の1つだ。

テキサス州公衆安全局が本誌に示したデータによると、今年1月には密入国の補助容疑で数百人が逮捕されている。年齢層は幅広く、1960年代から2008年生まれまでいた。

newsweekjp_20240619085135.jpg

メキシコとの国境に近いアリゾナ州南東部のコーチス郡のブライアン・マッキンタイア検事は、密入国ビジネスに関わる若者が増加している理由として、画像・動画投稿アプリ「スナップチャット」などソーシャルメディアに表示される広告の影響を挙げる。

広告の中には、大量の札束を映し出し、所定の場所まで密入国者を運ぶだけで簡単にカネが手に入る、と若者を引き付けようとするものもある。

newsweekjp_20240619090018.jpg

「密入国者1人をできるだけ早く、途中で捕まらずに(アリゾナ州の)フェニックスまで車で運ぶことに成功した場合、1500ドルのカネを受け取れると言われればそのリスクをいとわない人は多い」とマッキンタイアは語る。

密入国ビジネスを手掛ける犯罪組織は、密入国を望む人に「1人あたり6000~8000ドル」(メキシコから入国する場合)という条件を提示する。密入国者は料金の一部を前払いし、残りは借金としてアメリカ入国後に返済していく。

newsweekjp_20240619090443.jpg

犯罪組織はSNSや暗号化されたアプリが「匿名であるという感覚」に付け込んで応募者を募るが、このような感覚は「偽り」である。

犯罪組織は「法執行機関は自分たちのやりとりを見ることはできない」と説明するが、現在は法執行機関が自由に使えるツールがあって、本当の意味の匿名性は存在しない、とアリゾナ州の国土安全保障調査部(HSI)のレイ・リード特別捜査官補は説明する。

newsweekjp_20240619091438.jpg

国境を巡る問題について議会で証言したこともあるコーチス郡のマーク・ダネルズ保安官は、若者は「貪欲さや未熟さ」で犯罪に巻き込まれているという。

移民関税執行局には、匿名での情報提供を受け付ける電話番号も存在する。リードによれば、不安を覚えた両親から提供された情報などが有効活用されている。

newsweekjp_20240619091940.jpg


■より詳しい内容については動画をご覧ください。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 10
    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中