最新記事
昆虫

「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

Camper Discovers Shocking Scene Outside Tent—'Like an Apocalypse'

2024年5月20日(月)19時30分
スー・キム
テント

(写真はイメージです) Maximillian cabinet-Shutterstock

<暗闇に向けられたライトによって浮かび上がった光景に「地獄があるとすればこれだ」とネットの声>

キャンプテントに群飛中のシロアリがたかる様子を記録した動画が、TikTokユーザーたちを戦慄させている。

【動画】閲覧注意:テントにたかるシロアリの大群...無数の個体が蠢く音が「雨のように聞こえる」とネットの声

この映像は今月13日、@shmirgleによって同プラットフォームに共有されて以来、460万回超の再生回数と44万7000件以上の「いいね」を獲得。投稿のキャプションには、「群飛中のシロアリに囲まれてキャンプ」と添えられている。

動画はテントの中から撮影されたもので、無数のシロアリがその外側を動き回っている。シロアリが羽をバタバタさせる音が雨のように聞こえてくる中、内側からテントをはじく手が映し出される場面も。@shmirgleは後のコメントで「大群は1時間半ほどいて、翌日の夜には戻ってこなかった...」と補足している。

米ノースカロライナ州立大学の研究者によれば、シロアリの群飛は「新しい地理的に離れたコロニーを形成するための分散戦略」だという。シロアリのコロニーは、生殖能力を持つ「羽アリ」を年間を通じて生み出している。

群飛は通常日中に行われ、多くの場合は春だが、コロニーは1年を通してアクティブだ。暴風雨の後にも群飛がよく見られる。羽アリは相手を見つけると交尾して羽を失い、産卵とコロニーの成熟に適した場所を見つけると、巣を作り始める。

学術誌「Ecological Entomology」に発表された2015年2月の論文には、「シロアリといえば熱帯や亜熱帯の生態系を連想させるが、実際は世界中の温帯林に生息している」と記されている。

さらに、アメリカでは「シロアリは最も重大な家屋害虫であり、その予防と処理には年間最大20億ドルの費用がかかっている...しかし、自然環境における生息数も相当な数に上る可能性があり、温帯生態系の一部では、木材腐朽菌に次いで2番目に木材分解に大きな影響を与えているようだ」と論文にある。

この動画はTikTokユーザーたちに衝撃を与え、投稿には5000件以上のコメントが寄せられている。

om tira(@chewchewing)は「映画に出てくる黙示録か何かのようだ」と述べた。Toodleoodle(@chonksmacgee)は「地獄があるとすればこれだ」とコメント。Tabs(@mytobereadstash_)も「絶対にイヤ」と同意して言う。

一方でそれほど動じていない人たちも。David Rossoni716(@davidrossoni716)は「居心地が良さそう」と語り、Noella(@noellamrb)も「目を閉じてごらん、雨の音みたい」と綴っている。

(翻訳:ガリレオ)

20240625issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月25日号(6月18日発売)は「サウジの矜持」特集。脱石油を目指す中東の王国――。米中ロを手玉に取るサウジアラビアが描く「次の世界」とは?

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

再送-米シスコ、台湾にサイバーセキュリティーセンタ

ワールド

英国の対イスラエル武器輸出許可額、ガザ戦争開始後に

ワールド

ウクライナ和平案協議の平和サミット、ほとんど成果な

ビジネス

米ゲームストップ店舗網縮小へ、CEOが方針 株価下
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中