最新記事
ミサイル

半分しか当たらない北朝鮮ミサイル、ロシアに供与と見せかけてウクライナを実験場にしている?

What Is the KN-23? North Korean Missile Shows 50% Failure Rate in Ukraine

2024年5月15日(水)15時44分
ジーザス・メサ
KN-24短距離弾道ミサイルの発射実験

北朝鮮、KN-24短距離弾道ミサイルの発射実験(平壌、2022年1月18日発表) KCTV vía / Latin America News Agency via Reuters Connect

<武器・弾薬不足に悩むロシアに北朝鮮が供与したミサイルは半数が空中で爆発。まさかミサイル実験のつもりか>

ロシアは、北朝鮮製の短距離弾道ミサイルをウクライナの戦場に配備しているが、このミサイルは失敗率が著しく高いと、ウクライナ当局は言う。

ウクライナ検察庁は、2023年12月〜2024年2月に発射された北朝鮮製ミサイル約50発のうち、21発の破片を回収・分析した。

その結果、これらのミサイルの約50%が、意図した目標に到達しなかったことがわかった。

【写真】金正恩に「すり寄る」プーチンの弱々しい態度/過去のプーチンが見せた「真逆」の態度

アンドリー・コスチン検事総長は5月第2週、ロイターの取材に対し、「北朝鮮製ミサイルの約半数は、プログラムされた軌道を外れ、空中で爆発した。そのようなケースでは、破片は回収されなかった」と述べている。

正式には「火星11」と総称される固体燃料式弾道ミサイルKN-23とKN-24は、2023年12月からロシアによって配備され、ウクライナ南東部ザポリージャ州の爆撃に初めて使用されたと伝えられている。また2024年2月はじめには、首都キーウの攻撃にも使用されたようだ。

ウクライナ当局によれば、これらの攻撃で、少なくとも24人の民間人が死亡し、100人以上が負傷した。検察庁によれば、もしミサイルの精度がもっと高ければ、犠牲者はさらに増えていた可能性があるという。

約50発のミサイルは、ロシア西部のベルゴロド州、ボロネジ州、クルスク州を含む複数地点から発射された。

空中で爆発

KN-23の射程は推定450〜600キロ。韓国と日本の一部を標的にできる長さだ。約500〜1000キロの通常弾頭または核弾頭を搭載可能だ。

高度な機動性を謳っているが、その精度には疑問が残る。米戦略国際問題研究所(CSIS)は、KN-23の準弾道軌道と操作可能なフィンが、ミサイル防衛システムによる迎撃を複雑にしていると指摘する。しかし、照準を合わせるための誘導システムの精度はまだ不確かだ。

この精度の低さは、ウクライナでも確認されている。検事総長のコスチンは2月、「これまでに発射された24発のうち、比較的正確に命中したのは2発で、クレメンチュークの製油所と、カナトヴェ空軍基地の技術施設だ。残りは空中で爆発したか、ハルキウ州の住宅地を直撃した」と述べている。

北朝鮮の弾道ミサイルがウクライナに投入されたことで、ロシアと北朝鮮の軍事協力に関して重大な懸念が生じている。これらの北朝鮮製ミサイルは、ロシアのミサイル「イスカンデルM」と類似していることから、ロシアの支援を受けて開発されたのではないかと指摘する専門家もいる。

さらに悪いことに、ここへきて、北朝鮮の金正恩政権は、ロシアのウラジーミル・プーチン政権に協力すると見せかけて、ウクライナ戦争を自国兵器の実験場として利用しているのではないか、という懸念も高まっている。

コスチンはロイターに対し、ウクライナ検察は、ロシアと北朝鮮の協力範囲を明確にするため、ウクライナ東部の戦場におけるミサイルの使用を北朝鮮がどれくらい監視しているかを調査しているところだと語っている。
(翻訳:ガリレオ)

20240604issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月4日号(5月28日発売)は「イラン大統領墜落死の衝撃」特集。強硬派ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える グレン・カール(元CIA工作員)

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

朝鮮半島問題の解決、努力することで一致=日中韓サミ

ビジネス

ECB、6月に利下げ開始の可能性=フィンランド中銀

ワールド

米下院外交委員長、台湾総統と会談 「兵器納入は間近

ビジネス

定額減税、複数年度にわたる実施は考えていない=鈴木
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中