最新記事
台湾

あり得ない密輸!動物87匹をテープで身体に貼り付けた女、捕まる

Customs authorities bust woman who taped 87 trafficked animals to body

2024年5月23日(木)16時30分
ジョン・フェン

インドネシアで保護された野生のサル Rosyid A Azhar-Shutterstock

<気の毒な動物たちは、一部の保護種を除いてすべて安楽死させられる>

台湾北部の税関当局は5月21日、野生動物を密輸しようとした疑いで64歳の女の身柄を拘束したと発表した。女は生きた動物87匹をテープで身体に貼りつけて台湾への持ち込みを試みたという。

【動画】絶叫に次ぐ絶叫...ニシキヘビにペットの猫が「食べられかけている」のを見つけた飼い主の反応

台湾紙「自由時報」によれば、密輸の常習犯であるこの女は19日にタイの首都バンコク発の航空便に乗り、台湾の首都・台北にある桃園国際空港に到着。友人一人と共に入境を試みた。手荷物にも少なくとも4種の霊長類を入れていたが、自由時報によれば、これらの動物は1匹を除いて全て、野生動物の輸入を取り締まる台湾の法律に従って安楽死の処置が取られる。

女は過去に生きた動物を連れて入境を試みたとして、台北税関のブラックリストに名前が載っていた。そのため税関職員がボディチェックを行ったところ、絶滅危惧種を含む数多くの動物がテープで身体に貼りつけられていたという。

87匹の中には少なくとも1匹のスンダスローロリス(別名グレータースローロリス)が含まれていた。スンダスローロリスは、スイスに本部を置く国際自然保護連合(IUCN)が作成する「絶滅の恐れのある生物リスト(レッドリスト)」でも絶滅危惧種に分類されている。

ほとんどが安楽死の運命

女が持ち込もうとした疑いがある動物には他に、コモンマーモセット、ショウガラゴ、オオスズメフクロウ、グリーンイグアナ、ナイルオオトカゲ、インドホシガメ、インドシナニシクイガメ、エロンガータリクガメなどが含まれる。

自由時報は、疾病予防および管理法に従って、台湾当局がスンダスローロリスを除く全ての動物について安楽死の処置を取る可能性が高いと報じた。

台湾の税関当局は台湾の通信社「中央通訊社」に対して、今回の件について調査を行っていると述べた。女の名前や国籍は公表しておらず、また女がテープで身体に貼りつけていた動物の正確な数についてはノーコメントとした。今回持ち込まれた動物の推定市場価格は分かっていない。

台湾では地元および域外のバイヤーたちが、隣接する中国や東南アジアの外来種にかなりの金額が支払われており、当局は長年、密輸の取り締まりに苦慮してきた。

2023年12月には、タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港で、カワウソ2匹とプレーリードッグ1匹を台湾に持ち帰ろうとした台湾出身の男が逮捕された。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国女性は男性の3割強、老後に備えた貯蓄額 プルデ

ビジネス

午後3時のドルは小幅安の159円前半、介入警戒感か

ワールド

スリランカ、二国間債務再編協定を26日に署名の見通

ビジネス

日産社長、今年度の販売計画達成に意欲 株価低迷を株
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中