最新記事
ウクライナ情勢

【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、ロシア軍が次に狙う「要塞都市」群はココだ──ISW

Ukraine War Maps Reveal Possible Russian Advances Into Fortress Cities

2024年4月15日(月)21時30分
エリー・クック

ドネツク州のロシア占領地を走るロシア軍戦車(4月6日) REUTERS/Alexander Ermochenko

<ゆっくりとだが着実に占領地域を広げているロシア。次に狙うのは東部ドネツク州を完全占領下に置くことだ>

ウクライナ軍トップが東部での戦況が「著しく悪化している」と明らかにする中、米シンクタンクの戦争研究所(ISW)は4月13日、ウクライナ東部ドネツク州の防衛を支える「背骨」に関する見解を、地図とともに発表した。

【動画】眩い光を発して爆発・炎上するロシア「スメルチ2」迫撃砲...ドネツクで激戦続く中、ウクライナが動画公開

ISWによれば、ロシアはスラビャンスク、クラマトルスク、ドルジュキウカ、コスティアンティニウカなどドネツク州の複数の大きな町の奪取を目指しているという。

newsweekjp_20240415103955.png
Institute for the Study of War

ISWは前線から12~30キロメートルの距離にあるこれらの町を「要塞都市」と表現。前線から30キロ南に離れたポクロフスクも防衛ラインの一部となっているという。

 

13~14日にかけて、ウクライナ軍のオレクサンドル・シルスキー総司令官は、ロシアによるドネツク州での攻撃がここ数週間、激化していると明らかにした。中でも前線周辺の戦況は「ここ数日で著しく悪化している」という。

シルスキーは声明で、ポクロフスクに向かっているロシア側は、戦車や歩兵戦闘車を「数十両」使ってウクライナ軍の防衛を破ろうとしていると述べた。ポクロフスクは1年近く前にロシアに占領されたバフムトの南西に位置する。

「ドルジュキウカとコスティアンティニウカに対するロシアの脅威は、作戦上非常に重要だ。なぜならこれらの『要塞』都市はドネツク州および東部ウクライナ全般におけるウクライナの防衛を支える『背骨』になっているからだ」とISWは13日、指摘した。

西に向けてさらなる攻勢を目指すロシア

バフムトの西方、コスティアンティニウカに近い町チャシブヤールを占領すれば、ロシアは「ウクライナの防衛ラインにある南部の『要塞』都市に対する直接攻撃を始める」ことが可能になるとISWは指摘した。

またシルスキーは、ロシアの司令官たちが対独戦勝記念日の5月9日までにチャシブヤールの占領を目指していると述べた。クラマトルスクに向けて進軍する計画もあるという。クラマトルスクはドルジュキウカの北、スラビャンスクの南にある町だ。

newsweekjp_20240415104523.png
Institute for the Study of War

ウクライナ軍がロシア側の攻撃を撃退する能力は西側、とりわけアメリカからの軍事援助にかかっていると、西側のアナリストたちは強調している。ロシア軍はゆっくりとだが着実に西に向けて占領地域を広げており、ウクライナ軍は主要装備や弾薬の不足に対処しながらその奪還を試みている。

ロシアは早ければ5月末にも攻勢を始めると予告しているが、米連邦議会では党派対立により、600億ドル相当の支援パッケージを可決できないままだ。

「アメリカがウクライナへの援助を再開せず、ウクライナ軍で主要な大砲や防空に使う弾薬が不足した状態が続くなら、訓練と装備が不足したロシア兵であっても、攻勢作戦を成功裏に行うことができるかも知れない」とISWは13日、指摘した。

20240528issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年5月28日号(5月21日発売)は「スマホ・アプリ健康術」特集。健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中