最新記事
ロシア軍事

ロシア、NATOとの大規模紛争に備えてフィンランド国境の軍備を増強

Russia Preparing for Large-Scale Conflict With NATO: ISW

2024年4月22日(月)17時17分
ブレンダン・コール

訓練で木立に紛れるフィンランド兵 Notify/YouTube

<北欧2カ国のNATO加盟に対抗した軍の再編に続き、ミサイル部隊などを西部国境に新たに配置したとの報道が>

ロシアはNATOとの大規模な武力紛争に向け、軍の一部の増強を進めているとの分析を、アメリカのシンクタンク、戦争研究所(ISW)が4月19日、明らかにした。

ISWはロシア政府寄りの日刊紙イズベスチヤが、ロシア国防省が新設されたレニングラード軍管区の増強を行っていると報じたのを受けて分析を行った。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は昨年12月、フィンランドがNATOに加盟したことへの対抗措置として同軍管区の新設を明らかにしていた。

ロシア国防省の消息筋はイズベスチヤに対し、フィンランドと国境を接するロシアのカレリア共和国に弾道ミサイル「イスカンデルM」を運用するミサイル旅団を展開させたと語った。戦車師団を置くことも検討されているが、まだ決定には至っていないという。

またロシアは、この地域に空軍と防空軍を新たに配置。これは戦闘機や爆撃機の連隊や防空部隊、通信隊で構成されるとイズベスチヤは伝えている。

本誌はロシア国防省に電子メールでコメントを求めたが回答は得られていない。

ロシア海軍バルト艦隊の元司令官、ウラジーミル・バルエフはイズベスチヤに対し、これはフィンランドのNATO加盟に対する対抗措置であり、ロシアの西部国境の軍事力増強が狙いだと述べた。

「どんな可能性もありうる」とプーチン

バルエフは「最悪の場合、ミサイル旅団は脅威となるNATO軍に関する任務をこなすことになるだろう。ロシアはフィンランド(の動き)を注視しなければならない」と述べた。

プーチンがウクライナに大規模侵攻したことで安全保障上の脅威が高まり、フィンランドはNATO加盟を急いだ。北大西洋条約の第5条には、加盟国が1国でも攻撃を受けた場合は全加盟国への攻撃と見なすという集団防衛の規定がある。

フィンランドと隣国スウェーデンの加盟により、NATO加盟国は32カ国に増えた。これに対抗して、ロシア国防相セルゲイ・ショイグは3月、2つの軍と30の編隊を年内に新設すると明らかにした。

この計画には、ロシアの軍管区の再編や、軍全体の兵員数を120万人から150万人に増やすことも含まれる。だが専門家は、規模を拡大するにしても、きちんと人員を配置し、訓練し、装備を施すことができるのかと疑問を呈している。

だがプーチンと政権幹部はウクライナ侵攻はロシアの存続を賭けた西側との戦いの一環だと主張し、侵攻の長期化を正当化しようとしている。

アメリカのジョー・バイデン大統領ら、ウクライナを支援する国々のトップは、ロシアはウクライナに留まらず、その先にあるNATO加盟国にも狙いを定めていると警告している。

プーチンはそうした主張を「ナンセンス」と一蹴してきた。だが、ロシア政府や親ロシア派メディアなどが発するメッセージはあいまいな上、プーチンは3月の大統領選挙で勝利した後、NATOとの対立に関して「どんな可能性もありうる」と述べている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独GDP改定、第1四半期は前期比+0.2% 速報と

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中