最新記事
ロシア

米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足」にまたもや表れた異変 「何が起きてるんだ?」

Putin spotted using hand to put leg in place during Tucker interview

2024年2月16日(金)20時23分
カレダ・ラーマン
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の健康不安

タッカー・カールソンのインタビューに応じたプーチン大統領(2月6日) Courtesy of Tucker Carlson Network/Handout via REUTERS

<米FOX元看板記者のインタビューに応じたロシアのウラジーミル・プーチン大統領だが、健康に関する懸念が再浮上することに>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2月6日、モスクワで米FOXニュースの看板アンカーだったタッカー・カールソンのインタビューを受けたことが話題になっている。だがこのとき、カメラに捉えられていたプーチンの「不自然」な動きにも注目が集まっている。インタビュー映像には、プーチンの足が意思に反して動いてしまい、それを手で押さえつけているように見えるシーンがあった。

■【動画】インタビュー中に表れたプーチン「体の異変」...いうことを聞かない足の動きに「何が起きてる?」

ある人物はX(旧ツイッター)に、「変な感じ。彼は自分を意識しすぎているように見える」と投稿。ほかにも、「プーチンの片方の足が制御不能になっている。何が起きているんだ」「プーチンは足の動きを止めるために足に手を添えなければならなかった」といったコメントが次々と寄せられた。

さらに別の人物は「誰かプーチンの足に気づいた? 手で抑えつけないと足が上がってきてしまうの? 私は医療の専門家じゃなくて知識が少ないから、これが何を意味しているのかは分からないけど」と書き込んだ。

プーチン大統領には癌やパーキンソン病の疑いが

プーチンは2023年2月にベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領と会談した際も、絶えず足を動かしている様子が目撃されるなど、過去にも何度か同じような動画が彼の健康不安説を引き起こしてきた。プーチンががんを患っているという報道やパーキンソン病を患っているという報道、あるいはその両方だという報道もあるが、ロシア政府はこれまで繰り返し、プーチンの健康状態は良好だと主張してきた。

今回プーチンが応じたカールソンとのインタビューは、ロシアによるウクライナへの本格侵攻が始まってから2年近くで初めての西側メディアによるインタビューだった。この中でプーチンは、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領には「まだこの紛争解決に向けた交渉を行う余地があるか?」と問われ、「そう思う」と答えた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ザポロジエ原発にまた無人機攻撃、ロはウクライナ関与

ビジネス

欧州は生産性向上、中国は消費拡大が成長の課題=IM

ワールド

パレスチナ国連加盟、安保理で否決 米が拒否権行使

ワールド

トランプ氏「ウクライナ存続は米にとって重要」、姿勢
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中