最新記事
防空システム

「アイアンドーム」では足りなかった。イスラエルの空の守りを完成させた防空ミサイル「アロー3」のすべて

Israel's Arrow Defense Missile System Compared to Iron Dome

2023年11月1日(水)16時44分
ケイトリン・ルイス

弾道弾迎撃ミサイル「アロー3」は2015年に最初の迎撃実験を終えた。写真はさまざまな物体から本物の脅威を識別する実験のイメージ Ddfense Cengral/YouTube

<イスラエルが近年になって配備した弾道弾迎撃ミサイル「アロー3」が、フーシ派からとみられるミサイルの迎撃に成功。周囲を敵に囲まれ、幾重にも張り巡らせたイスラエルの防衛網がさらに厳重になった>

イスラエル軍は、自国領土に向けて発射された地対地ミサイルをアロー・ミサイル防衛システムで迎撃したと発表した。10月7日の戦闘開始以来、初めてのことだ。

親イランのフーシ派が3度イスラエルを攻撃?うち弾道ミサイルは最先端防空システム「アロー」が迎撃

10月31日にロイターの取材に応じたイスラエル国防軍(IDF)の報道官によると、このミサイルは紅海方面から発射された。これとは別のミサイルによる攻撃もあったが、紅海の都市エイラート沖でイスラエル国防軍の戦闘機によって迎撃されたという。

イエメンのイスラム教シーア派勢力でイランの支援を受けるフーシ派は、31日にイスラエルに向けて「多数の」無人機と弾道ミサイルを発射したと発表した。ただし、攻撃がイスラエル領内に到達したという報告はない。

10月7日のパレスチナ過激派組織ハマスによる奇襲攻撃以来、イスラエルは宣戦布告し、ガザ地区への過去最大規模の空爆を開始。同地域への地上侵攻を宣言した。

これに対し、近隣諸国の民兵組織は、パレスチナ人民を支援するため、必要であれば戦闘に参加する用意があると述べている。

戦闘が激化する中、イスラエルは自国を守るため、ハマスの短距離攻撃から身を守るための移動式空中防衛システム「アイアンドーム」を稼働させている。だが31日に威力を発揮したアロー防衛システムによって、長距離攻撃に対する防衛力も増強できるだろう。

弾道ミサイルの攻撃に対応

イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)によれば、アロー兵器システム(AWS)は、世界初の独立型対戦術弾道ミサイル防衛システムだ。このシステムには、アロー2とアロー3の迎撃ミサイルが含まれており、短距離、中距離、長距離の弾道ミサイルを迎撃することができる。

IAIが設計したアロー2迎撃ミサイルは、テルアビブ近郊に1基、ハイファ南方にもう1基配備されていると、防空技術の情報サイト、エアフォース・テクノロジーは報じている。このシステムは短・中距離ミサイルの迎撃用に設計されており、2000年と2004年に配備されて以降、十数回のテストに成功している。

エアフォース・テクノロジーによると、アロー3迎撃ミサイルは、アメリカのボーイングとIAIが共同開発したもので、アロー2システムよりも高速で射程距離も長い。

アロー3は大気圏外ミサイル防衛システムで、地球の大気圏外で弾道ミサイルを迎撃するように設計されている。アロー3システムの最初のテストは2013年に成功し、その後2014年1月にイスラエル国防省と米ミサイル防衛局によって2回目の飛行テストが完了した。

 

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独、「悲惨な」経済状況脱却には構造改革が必要=財務

ビジネス

米マイクロン、米政府から60億ドルの補助金確保へ=

ビジネス

EU、TikTok簡易版のリスク調査 精神衛生への

ビジネス

米オラクル、日本に80億ドル超投資へ AIインフラ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中