注目のキーワード

最新記事

中東

【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確に捉えるイスラエルの迎撃ミサイル

Video Shows Rockets Being Intercepted by Missiles, Lighting Up Tel Aviv Sky

2021年5月12日(水)21時30分
エマ・メイヤー

ガザ地区から飛来したロケット弾を迎撃するイスラエルのアイアンドーム・ミサイル Amir Cohen-REUTERS

<イスラエル軍の空爆に対し、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスは数百発のロケット弾で報復。近年では最悪の暴力の応酬が始まった>

イスラエル中部に住むルイス・フィッシュマンが、現地時間5月11日夜にツイッターに投稿した動画には、夜空に閃光がまたたき、煙が上がる様子が捉えられている。一目見ただけでは、夜空を多くの流れ星が横切っているようにも見えるが、背後に鳴り響くサイレンは、地上のただならぬ事態を反映している。実際にはこれらの閃光は、ガザ地区から放たれた数百発のロケット弾が、イスラエルの防空システム「アイアンドーム」のミサイルに迎撃された際の光だ。

イスラエルと、パレスチナの武装勢力ハマスとの対立は10日、重大な局面を迎えた。この日、イスラエルがガザ地区に新たな空爆を行い、これに対しハマスは数百発のロケット弾で応戦した。報復の応酬が急速に拡大している。

11日夜になるとハマスはさらに、ガザ地区の高層ビルを破壊された報復として、130発のロケット弾を発射したと、AP通信は伝えている。ロケット弾が上空に打ち上げられる中、モスクからは、「神は偉大なり」「イスラムに勝利を」「抵抗を」とのスローガンを唱える声が繰り返し響いたという。

現実離れした光景

イスラエル最大の商業都市テルアビブ南の郊外では1発のロケット弾がバスに命中し、5歳の少女を含む3人が重傷を負った。他のロケット弾も複数が家屋に着弾し、民間人に多くの死傷者が出た。さらに別のロケット弾は3階建てのアパートを崩壊させ、これにより6人が負傷した。

イスラエル軍によると、イスラエルのミサイル迎撃用防空システムであるアイアンドームは、テルアビブの人口の多いエリアを狙ったロケット弾のうち90%の迎撃に成功した。この迎撃が、冒頭で紹介したツイッターに投稿された動画の「現実離れした」ようにも見えるシーンを作りだした。

10日以降、ガザ地区では10人の子供を含む30人以上が死亡、イスラエル側にも3人の死者が出た。

ハマスの軍事部門「エゼディン・アル・カッサム旅団」は、もしイスラエルがガザ地区の民間人が住む高層住宅を標的にし続けるならば、テルアビブに攻撃を仕掛けると計画した。

「敵がこれからも執拗に、民間人が住む高層住宅を爆撃するなら、テルアビブは(郊外の)アシュケロンが受けたよりさらに激しいミサイル攻撃の標的となるだろう」と、同旅団の報道官アブ・オベイダはツイートした。

一方のイスラエルも、地上部隊を投入する構えと、現地メディアは伝える。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米貿易赤字、5月は1.3%減の855億ドル 輸出が

ビジネス

中国経済回復も基盤堅固でなく、一段の取り組み必要=

ワールド

ロシア、ジョンソン英首相失脚を歓迎 「愚かな道化師

ワールド

米中、軍幹部が電話会談 責任ある競争管理など協議

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】アルパカとキスしようとした女性、至近距離で唾をくらう

  • 2

    ルイ王子のやんちゃな1日、再生1800万回の大ヒット

  • 3

    生魚の寄生虫アニサキス、古今東西の日本に見る予防対策

  • 4

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 5

    アメリカ国民の4人に1人が不買運動を実施中 ショッ…

  • 6

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 7

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 8

    知りたくなかった......イルカはどうやって仲間を見…

  • 9

    【映像】キプロスのタランチュラ、スーツケースに紛…

  • 10

    BTSの「活動休止」は韓国若年層の悲鳴

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 6

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 7

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月