最新記事
SNS

「よく見たら鱗の質感が...」 1ドル店で買ったハロウィン用の飾りに「とんでもないもの」が混入

Shock at Terrifying Find in Bag of Dollar Store Halloween Décor

2023年11月5日(日)13時00分
アリス・ギブス
ハロウィンの仮装

faestock/Shutterstock

<ハロウィン衣装を作るために買った「羽」の袋には、鱗の質感のある「動物の足」のようなものが混入していた>

ハロウィンの飾り付けのために1ドルショップで購入したクラフト用の羽の中に、「奇妙なもの」が混入していたという、あるユーザーの投稿がネットをざわつかせている。袋の中には、羽と一緒に「鱗の質感のある動物の足」のようなものが入っていたというのだ。

■【写真】この羽って本物だったのか...袋に混入していた「鱗とかぎ爪」のある動物の足のようなもの

カナダのブリティッシュコロンビア州に住むポヤ・スティルウォーターが、地元の1ドルショップでクラフト用の羽を購入したところ、爪が付いた動物の足の先端のようなものが入っていた。スティルウォーターはこの衝撃的な混入物をレディットで共有し、これが一体何なのか教えてほしいと、人々に助けを求めた。

「このかぎ爪のようなものが何なのか、最初はわからなかった」とスティルウォーターはニューズウィークに語った。「プラスチックの破片か何かだと思った。よく見てみると、うろこのような質感であることに気づき、その先端に爪があった」

彼女が商品を購入した1ドルショップの広報担当者は本誌に対し、「当社は安全で高品質な製品の提供に尽力している。提供された情報は、当社の標準的な手順に従い、調査のために適切な部署に共有されている。お客様にはカスタマーサービス部門に直接お問い合わせいただきたい」と述べた。

スティルウォーターはこの奇妙な混入物について、苦情を申し立てないことにした。「羽を製造した中国の工場がこのことを知るとは思えないし、こんな些細なことで最低賃金の小売店の従業員を悩ませるのはばかげている」

「赤いシミ」にもユーザーが反応したが

スティルウォーターは当初、この爪が羽の持ち主である鳥のものだと考えたが、パートナーからうろこのような質感を指摘され、レディットのコミュニティに助けを求めた。あるユーザーは「一目見ただけで恐ろしい」とコメント。「クラフト用の羽が本物の羽だとは知らなかった」「ちょっと切ない」と言った声もある。

レディットではすぐさま意見が集まり、その爪と羽はホロホロチョウものだろうという結論に至った。「羽はホロホロチョウのものだし、それは間違いなくホロホロチョウの足の一部だ」とあるユーザーは述べている。

一方、今回の投稿をめぐっては誤解も生じた。写真に映っているテーブルの上に赤い染みがいくつもあるのを、血だと勘違いした一部のユーザーがいたのだ。スティルウォーターはあらかじめ、羽と爪の周りの赤い染みはハロウィンの作業の跡で、心配には及ばないと説明していた。


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中