最新記事

日本社会

コロナ禍で大きく変わった「お金の使い方」

2023年3月29日(水)11時10分
舞田敏彦(教育社会学者)
家計

ライフスタイルの変化にコロナ禍が拍車をかけた mapo/iStock.

<食費支出が増えてエンゲル係数が上がる一方、洋服への支出は急減している>

コロナ禍となって久しいが、それが人々の生活にどういう影響を及ぼしたかを可視化するデータがたまってきた。変化は様々な面で出ているが、お金の使い方も変わってきている。

まずは、使うお金の額だ。総務省の『家計調査』によると、2人以上世帯の消費支出額(年間平均)は、2019年が352万円、2020年が334万円、2021年が335万円、2022年が349万円と推移している。コロナ禍の最初の1年間でガクンと減り、その後持ち直している。しかし観察のスパンを広げると、今世紀初頭の2000年では381万円。収入の減少もあってか、長いスパンでみると消費に使うお金は減ってきている。

中学の社会科の教科書に書いてあることだが、生活が苦しくなると必須度の高い品目への支出は増え、そうでない品目(奢侈品)への支出は減る。前者の代表格は食費で、後者としては例えば洋服などが該当する。

トータルの消費支出額、食費、および洋服の支出額の変化をグラフにすると<図1>のようになる。2人以上世帯の年額平均で、2000年の数値を100とした指数の推移だ。

data230329-chart01.png

新自由主義政策もあってか、国民の生活は苦しくなり、消費支出額は減少傾向にある。2019年から2020年の減り幅が大きく、コロナ禍の影響も見て取れる。具体的な額は上述の通りだ。

食費支出は増えていて、消費支出全体に占める割合(エンゲル係数)も上がってきている。消費が必須品に偏るようになっている、すなわち生活が困窮していることがこの点からも分かる。

あと1つの洋服への支出額は、消費支出全体より速いスピードで減っており、コロナ禍の影響もよりハッキリと出ている。2000年では8万円だったが、2019年は5万5千円、2020円は4万4千円という具合だ。

洋服は、外界の温度変化(暑さ、寒さ)に適応するためのものだが、お洒落や見栄のツールとしての機能もあり、時代と共にこちらが強くなってきている。収入が減り、かつコロナ禍で人と会わなくなっているとなると、洋服への支出が減るのは当然だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国GDP、第1四半期は前年比5.3%増で予想上回

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援を別個に審議へ

ビジネス

中国新築住宅価格、3月は前年比-2.2% 15年8

ビジネス

仏BNPパリバ、中国で全額出資の証券会社 3年がか
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中