最新記事

宗教

「地獄に落ちる」と脅され続けた──宗教2世1131名に聞いた、心理的虐待の実情

2022年11月25日(金)19時00分
荻上チキ(評論家、社会調査支援機構「チキラボ」代表)


●受験勉強が捗らないのは徳が低いから、家が貧しいのは家族の徳が足りない、弟が軽い知的障害があるのは祖母が入信しないから。

●障害を持っている方の事を、過去世に行者を迫害したり悪い事をしたせいで、そのように生まれたと言っていた。

●障害者が生まれる家系は先祖の悪い因縁があって、宗教の教えを学んで、それを断ち切らないといけないと母が信者の友人から聞いて、私はそれをずっと信じて苦しんできた。私が先祖の代わりに神に謝罪しないといけないと思ったり、私は前世で悪い事をしたんだと思うようになってとても苦しんできた。

●小学校の頃、同級生に吃音の子がいて、その子の親が元信者だったそうで、「信仰を捨てたからその子が吃音になったんだ」という事を自分の親が言っていたのを今でも覚えている。

こうした価値観を植え付けられた2世が、その後の人生の中で、価値観の「残響」に苦しみ続けるという声が多くあった。与えられた恐怖へのトラウマなどはもちろんのこと、与えられ続けた「信念」が、そのまま残り続けていることとの葛藤を味わうこともしばしばだ。

こうした当事者の声を踏まえると、虐待防止の議論は、予防や介入の手段を増やすことに加えて、「その後のケア」も必要であると分かる。サバイブした2世が、心理療法や自助グループに繋がりやすい社会。あるいは、社会適応を妨げるような教義を埋め込まれた2世などに、定着支援を行えるような試み。

無論これらの整備は、宗教的虐待に限らず、虐待対応全般としての課題でもあった。「児童虐待防止推進月間」において行政は、ただ国民らに対する啓発を行うだけでなく、法律や財源など、何が不足しているのかの洗い出しを徹底してほしい。

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

仏BNPパリバ、中国で全額出資の証券会社 3年がか

ビジネス

米レディット株、金融大手が投資判断開始 利用者増加

ビジネス

午前の日経平均は大幅続落、800円超安 米金利上昇

ビジネス

米利下げ急ぐ必要ない、景気・労働市場堅調で=SF連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中