最新記事

英王室

メーガン妃、「赤絨毯」を歩かせてもらえない動画...「ここは王族だけ」発言は本当?

Was Meghan Markle Blocked From Moroccan Red Carpet In Viral Video?

2022年10月14日(金)17時12分
ジャック・ロイストン

モロッコを訪問した際のヘンリー王子とメーガン妃(2019年2月) Hannah McKay-Reuters

<メーガン妃がモロッコを訪問した際、夫のヘンリー王子だけがレッドカーペットの上を歩くよう案内されたようにように見える動画が拡散されている>

英ヘンリー王子の妻メーガン・マークル(サセックス公爵夫人)が過去にモロッコで、レッドカーペットの上を歩かないよう誘導され、この上を歩くのは「王族だけ」と告げられたとするTiktok動画が拡散している。しかし、メーガン妃が本当にそう言われたのか、この動画が真実を伝えているのかという点には疑問が残る。

■【動画】メーガンだけレッドカーペットの外側を歩かされたと話題になった場面

動画が撮影されたのは、2019年2月23日。メーガン妃はヘンリー王子と共に、モロッコのムーレイ・ハッサン皇太子と面会するため、同国首都ラバトにある王室邸を訪問した。

到着して車から降りたヘンリー王子は、レッドカーペットを歩いて儀仗兵を閲兵。その後に続いたメーガン妃は、レッドカーペットの外側を歩いている。

「メーガン・マークルが王室ルールに阻まれた」と紹介しているこのTiktok動画は、撮影から3年以上経った今、840万回再生されている。動画は、「彼女がモロッコで、ヘンリー王子とは違ってレッドカーペットの外側を歩くよう案内された様子だ。モロッコがメーガンに、レッドカーペットは王族だけのものだと伝えているのだ」と説明している。

しかし、この主張には問題がある。そもそもヘンリー王子と結婚したメーガン妃は、当時も今も英王室の一員である。

2018年5月の結婚後、彼女は「プリンセス・ヘンリー・オブ・ウェールズ」という称号を得ている。ただ、ほとんどの王室女性は自らのファーストネームが含まれない称号を使用しない。

またメーガン妃は、当時は現役の王族として公務も行っていた。2020年1月にヘンリー王子と共に王室を離脱することを発表したが、同年3月まで公務を務めている。

レッドカーペットを避けた本当の理由

動画の中で、ヴァレンティノの赤いドレスを着たメーガン妃は、そのすぐ後にレッドカーペット上でモロッコの皇太子と握手する姿が撮影されている。モロッコの他の訪問先でもレッドカーペットを歩いており、この動画が撮影される数時間前の、カサブランカの空港でもそうだった。

雑誌「ハロー!」は当時、なぜメーガン妃がレッドカーペットを歩かなかったのがソーシャルメディア上で話題になっていると報道。到着時の計画では、元軍人であるヘンリー王子だけが儀仗兵を閲兵することになっていたという。

メーガン妃は当時、長男アーチーの出産を3カ月後に控えており、この儀礼に参加しないことになっていたため、片側に寄ったと同誌は伝えている。実際、メーガン妃は駐モロッコ英国大使の夫人と共に、レッドカーペットの端で閲兵を見守った。

つまり、このバイラル動画で語られている2つの基本的な部分は誤りだと考えられる。実際には、メーガン妃はこの少し後にレッドカーペットの上を歩いているし、また彼女は当時も今もロイヤルファミリーの一員であるということだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

任天堂株が8%超安、営業利益見通し下方修正を嫌気

ワールド

ロ軍死者が1日で最多1000人超、ウクライナ発表 

ビジネス

独VW、昨年は増収増益 供給網混乱がキャッシュフロ

ビジネス

銀行・信金の貸出平残、1月は+3.1% M&Aや原

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月