最新記事

イラン危機

ヒジャブから石油産業に飛び火したイランの反政府デモ

Will Iran Oil Worker Strike Impact Global Supply Chain?

2022年10月12日(水)17時40分
ジャック・ダットン

女性の死をきっかけに広がったイラン政府に対する抗議デモ(10月11日、トルコのイスタンブール) Murad Sezer-REUTERS

<風紀警察の手によるとみられる女性の死に対する抗議が、イランの財源を支えるエネルギー産業の労働者に波及、全土でストライキが相次いでいる。エネルギー産業の労働争議は、1979年のイラン革命の原動力だったともいわれ、政府幹部にも焦りがみえる>

22歳のクルド系女性、マフサ・アミニの死をきっかけにイランで始まった抗議活動は、10月第3週に入ってから、同国の主要産業である原油・石油化学セクターにまで拡大しており、その現場を映したオンライン動画が出まわっている。この抗議活動は、イランの原油生産とグローバルサプライチェーンに影響を及ぼす可能性があるし、体制転換にもつながりかねない。

アミニは9月13日、「ヒジャブの被り方が不適切だった」との理由で、イランの風紀警察に逮捕された。その後、3日間の昏睡状態ののち、9月16日にテヘランの病院で死亡した。

イラン当局は、アミニの死因は心臓発作だったと述べたが、遺族はそれに異を唱え、遺体にはあざなどの殴打の跡があったと主張している。国連の専門家らは、当局による拷問と虐待による暴行死だったとする立場を取った。

以来、女性の権利保護と政権交代を求める抗議活動が、イランをはじめとする世界中の国々を揺るがしている。

10月10日には、イランの都市アバダンとアサルイエにある石油・天然ガス精製所の労働者たちが抗議デモをしているところとされる動画がソーシャルメディアに登場した。石油・天然ガス産業は、核開発問題で欧米から制裁を受けているイラン政権にとって死活的な財源だ。イランの8月の石油生産量は日量257万2000バレルと伝えられる。世界の原油生産国でも屈指の量だ。

【動画】イラン体制に怒りを表す石油労働者たち

国際価格への影響は軽微?

ソーシャルメディア上の動画には、テヘランの南およそ579マイル(約932キロ)に位置するアサルイエの精製所で、数十人の労働者がデモをする様子が映っている。ある動画では、「独裁者に死を」や「恥知らず」と叫ぶデモ参加者が映っている、とAP通信は伝えている。

10月9日には、イランの司法長官で強硬派として知られるゴラームホセイン・モフセニー=エジェイーが、対話を求めるデモ参加者たちの怒りを和らげようと異例の懐柔を試みた。

「話をしよう。我々が過ちを犯したのなら、それを改めることができる」とモフセニー=エジェイーは述べたが、イラン国民の多くは懐疑的だ。

非営利組織「反核イラン連合(UANI)」の政策ディレクターを務めるジェイソン・ブロツキーによれば、抗議活動がイランの石油生産に影響を与えか否かは、現段階では不透明だという。

「大局的に見れば、既に米国から制裁を受けていることを考えると、生産量への影響は制裁がない場合と比べて限定的なものになるだろう」とブロツキーは本誌に語った。

「とはいえ、こうしたストライキが継続・激化し、複数のセクターをまたいで広がれば、労働争議と政治的な抗議活動が一体化し、イランにとっては大きな脅威になるだろう」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中