最新記事

ネット

【実験】シンガポールのスタバにMacBookを放置し、1時間不在にしたらどうなる?

2022年10月27日(木)18時45分
川口陽

(写真はイメージです) juststock-iStock

<窓際のカウンター席にパソコンを置き、ランチに出掛けてみたが──>

アメリカの映像クリエイターがシンガポールで行った「実験」が興味深いとして、ソーシャルメディア上で話題となっている。

その試みとは「スターバックスにMacBookを置いたまま1時間不在にしてみたら?」というもの。マルチメディアジャーナリストのアプティン・サイーディ(@uptin)は24日、この検証動画をTikTokに公開した。

映像の冒頭、サイーディはカバンとPCを窓際のカウンター席に残してランチに外出する。ナレーションでは実験の趣旨が述べられ、シンガポールがどれだけ安全な場所かについての説明が続く。実際、この都市国家は今年の世界平和度指数ランキングでもアジアトップの9位にランクインした。

治安が保たれている要因として、サイーディは次の3点を挙げる。


1. 実直さと公正さがシンガポールの文化の基盤となっている

2. 生活の基本的ニーズが満たされていて、人々が犯罪に手を染める必要がない

3. 監視の目が広く行き届いている (今日、設置された監視カメラの数は9万台にも上る)

ショッピングモールに出掛け、1時間後に戻ってくると、元の席には(期待した通り)MacBookが盗まれることなく残されていた。

【動画】シンガポール、ドバイのスタバで実験

@afro.rebelの「『基本的ニーズが満たされていること』、これが一番大事だと思う」というコメントには18万以上の「いいね」が集まっている。結果ではなく試み自体に驚くユーザーも見られ、@jakany030は「とても高くつく社会実験だ」と感想を述べた。

一方、「ロンドンだったら目の前に置いていても盗まれる」など自国を引き合いに出すユーザーも。

@snaptapestry123は「ここ南米ではノートパソコン、電話、カメラ、名前、妻、自信、そして家まで奪われる」と書き込み、笑いと同情を誘った。

20230214issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年2月14日号(2月7日発売)は「南進する中国」特集。南太平洋諸国に外交攻勢をかけ、カネをばらまく習近平外交。シーレーン確保だけではない中国の狙いとは?

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:チャットGPT人気につられ中国でAI関連

ワールド

独仏、米高官と補助金巡り協議 透明性確保で合意も具

ワールド

バイデン米大統領、一般教書演説で共和党に協力呼びか

ワールド

中国が電話協議を拒否、偵察気球巡り=米国防総省

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月