最新記事

女王葬儀

バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らされたと怒る米保守派

Why Biden Was Seated Far Behind Other World Leaders at Queen's Funeral

2022年9月21日(水)16時08分
ライアン・スミス

海外王室ブロックの前から6列目に着席した天皇皇后両陛下(9月19日、エリザベス女王の葬儀が行われたウェストミンスター寺院で)Gareth Fuller/REUTERS

<エリザベス女王の葬儀でバイデンの席が14列目で、ポーランドのドゥダ大統領の後ろだったことに、トランプや保守派は文句タラタラだが>

ジョー・バイデン大統領は9月19日にロンドンのウェストミンスター寺院で行われたエリザベス二世の葬儀に参列したが、今になって、バイデンが最前列から遠く離れた席に着席させられたことが話題になっている。

寺院内には約2200人が集い、そのうち約500人が各国の国家元首や要人の招待客だった。バイデンはファーストレディのジルを伴って参列した。

威厳に満ちた式典におけるバイデン夫妻の席は前から14列目で、ポーランドのアンドレイ・ドゥダ大統領の真後ろで、チェコのペトル・フィアラ首相の前だった。ファーストレディの左隣には、スイスのイグナツィオ・カシス大統領が座った。

2020年11月の大統領選でバイデンに敗れたドナルド・トランプ前大統領は、この光景を利用してアメリカの現職大統領を一喝した。

トランプは独自に立ち上げたSNS「Truth Social」で葬儀の参列者の写真を公開し、バイデンが座った位置を強調するとともに、自分が大統領だったら、もっと目立つ席に案内されていただろうとほのめかした。

「第三世界の席」とトランプ

「これが、わずか2年の間にアメリカに起きたことだ。敬意がない!」と、トランプは書いた。「しかし、大統領が第三世界の指導者たちと知り合うには良い機会だ。もし私が大統領だったら、彼らは私をあそこに座らせなかっただろうし、私たちの国は今とはまったく違っていたはずだ!」

保守派の論客メーガン・マケインもツイッターで、目立たないバイデンの席に疑問を呈した。

「なぜ大統領とファーストレディが女王の葬儀で、遠く離れたスタンド席のような場所にいたのか、ちょっと不思議だ」

マケインのツイートには嘲笑が殺到した。多くのツイッターユーザーはバイデンの席順は外交儀礼に従ったものにすぎないと説明している。

英紙テレグラフによると、葬儀の時点でアメリカの指導者が誰であろうと、前列から英王室のメンバー、過去と現在のイギリス首相、英連邦の指導者の順番で同じように着席する決まりだという。

女王の葬儀においては、英連邦の指導者が他の地域の指導者よりも上位に位置するという王室の慣習があるため、カナダのジャスティン・トルドー首相はバイデンより9列前に着席した。

同紙によると、イギリスの君主を国家元首に戴く英連邦王国の総督が先に着席し、その後ろに選挙で選ばれた英連邦の首脳が着席した。オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニアといった国々の指導者だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米新規失業保険申請21.9万件、予想より増加 ハリ

ワールド

英、冬季に3時間の計画停電実施も ガス輸入不十分な

ワールド

原油価格見通し引き上げ、OPECプラス減産受け=ゴ

ビジネス

英中銀、中期的にインフレを抑制する決意=ハスケル委

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月