最新記事

サイエンス

モササウルス類すら餌にする、最強の「モササウルスの新種」の化石を発見

Ancient, Violent Sea Monster Discovered Alongside Its Victims

2022年8月26日(金)18時00分
ジェス・トンプソン
タラソティタン・アトロックス

@NickLongrich/Twitter

<発見者によれば「コモドドラゴンとホホジロザメとティラノサウルスとシャチを掛け合わせたような生き物」で、海の頂点に君臨していたという>

白亜紀の海に生息していた新種の海生爬虫類の化石が、その「最後の晩餐」の跡とともにモロッコで発見された。タラソティタン・アトロックスと命名された、この巨大な海生爬虫類は「モササウルス」の一種で、巨大な隕石が地球に衝突して白亜紀が幕を閉じる少し前の、約6600万年前に生息していた。

■【写真】発見されたタラソティタン・アトロックスの化石と想像図

化石を発見した研究者たちは、8月24日発行の学術誌「Cretaceous Research」に論文を発表。この論文によれば、タラソティタンは海の食物連鎖の頂点に君臨し、体長は約12メートルに成長。さまざまな海洋生物を捕食していたとみられる。

英バース大学ミルナー進化センターの上級講師で論文の筆頭著者であるニック・ロングリッチ博士は、声明の中で「タラソティタンは素晴らしい、だが恐ろしい生物だ」と述べ、さらにこう続けた。「コモドドラゴンとホホジロザメとティラノサウルスとシャチを掛け合わせたような生き物を想像して欲しい」

モササウルスは恐竜ではなく巨大なトカゲで、現代のイグアナの遠い親戚にあたる。海の食物連鎖の頂点に君臨し、ほかのさまざまな海洋生物を捕食していた。

「彼らはさまざまなものを食べた。おそらく主に食べていたのは、魚やイカなどだ。いわゆる『臼歯』がある者もいるため、二枚貝やウニ、甲殻類やアンモナイトのようなものを食べていたと思われる。今回発見したモササウルスは、ほかの海生爬虫類を食べていた」とロングリッチは本誌に語った。

「被食者」の化石に囲まれて

今回、モロッコのフリーブカにあるウーレド・アブドゥーン盆地で発見された化石の周りには、その「餌」になったとみられる生物の化石もあった。

近くにあった大型の肉食魚、ウミガメ、長さ50センチプレシオサウルス(首長竜)の頭部、それに少なくとも3つの異なるモササウルス類の顎や頭蓋骨などの化石には、酸による損傷がみられ、歯や骨に食いちぎられた跡があった。タラソティタンがこれらの生物を食べて胃の中で消化し、骨だけを吐き出したという、研究者たちの説を裏づけるものだ。

ロングリッチは声明で「これらは状況証拠だ」と述べ、さらにこう続けた。「どの種がこれらのモササウルスを食べたのか、確実なことは言えない。だが大型の捕食者に殺されて食べられた海生爬虫類の骨が複数見つかった。そして同じ場所に、捕食者の特徴に合致する種であるタラソティタン(の化石)が見つかった。ほかの海生爬虫類を専門に捕食するモササウルス類だ。これはおそらく、偶然ではないだろう」

タラソティタンは、ティラノサウルスやトリケラトプスをはじめ、白亜紀後期に生息していた他の無数の種と同じように、6600万年前の隕石衝突の影響で絶滅したと考えられている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物上昇、ガザ停戦協議が複雑化

ワールド

米上院、政府閉鎖回避へつなぎ予算案可決 大統領署名

ワールド

NZ中銀、制約的な政策を当面維持する必要=副総裁

ビジネス

午前の日経平均は急反発、一時700円超高、半導体株
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中