最新記事

豪雨

韓国、観測史上最大の約450ミリの集中豪雨 半地下に住む女性など9人死亡、6人不明

2022年8月9日(火)21時34分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

8日夜、大雨で自動車が動けなくなったソウル江南区の道路 YONHAP NEWS AGENCY - REUTERS

<停滞する前線の影響でかつてない集中豪雨に見舞われた>

8日から記録的な大雨に見舞われた韓国では、ソウル首都圏を中心に9人が死亡、6人が行方不明となり、被災者はソウルだけでも400名以上となった。豪雨は9日も降り続いており、厳重な警戒が呼びかけられている。YTNなど韓国メディアが伝えた。

中央災難安全対策本部によると、今回の豪雨で9日午後3時現在、死亡8人(ソウル5人・京畿3人)、行方不明7人(ソウル4人・京畿3人・江原1人)、負傷9人(京畿)となった。

ソウル冠岳区では前日午後9時すぎ、半地下住宅に住んでいた40代の女性と妹とその10代の娘が浸水により閉じ込められ、救助要請をしたものの死亡した姿で発見された。また、銅雀区でも半地下住宅に住んでいた50代女性が浸水して死亡した状態で発見された。銅雀区ではほかに倒れた街路樹の整理作業を行っていた60代の区役所職員が切れた電線による感電で死亡した。

8日から9日午後までソウルに降った記録的大雨は、主にソウルを東西に流れる漢江の南側にあたる江南地域で集中的に降ったという。8日昼12時から9日午後5時までの29時間で、ソウル市では平均252.3ミリの雨が降ったが、これを上回ったのは、ほとんどが江南・瑞草区と隣接した地域で、特に気象庁のある銅雀区新大方洞の降水量が451.5ミリで最も多く、これは非公式ながら韓国の気象観測史上最大の降水量になるという。

まるでパニック映画のような惨状

今回の集中豪雨で一番大きな被害が出たのが高級住宅街として知られる江南地域だ。江南駅交差点では、大雨で下水がマンホールから逆流して、道路が水に浸かった。江南駅一帯は、ソウルの代表的な常習浸水地域と呼ばれる。周辺より10m以上土地が低く、周囲から降りてきた水が流れ込む地形のうえ、下水の排水能力不足等により、ひとたび大雨が降ると浸水してしまう。2010年9月と2011年7月にも集中豪雨で江南一帯が浸水する被害が発生している。

豪雨が弱まった9日午前9時になっても江南駅周辺は、まるでパニック映画のような混乱した様子だった。道路では蓋のないのマンホールから雨水が逆流し、周辺には泥水が溢れており、ゴミもあちこちに散らばっていた。歩道には割れた歩道ブロックなどが散乱して市民の通行を妨害した。バスを含めた多数の自動車が路上に放置された状態で、他の車両の進入を阻み、停電のために道路信号も止まった状態だ。

混乱しているのは道路だけではなくビルなどの建物もそうだ。江南駅周辺では出勤はしたものの、建物の内部に入れない会社員たちもいたるところで見られた。建物の電源供給が切れて停電しているため、正常な業務を行えないと、外で待機する状況だった。

このあとも西海岸から発達した雨雲が流れ込み、中部地方では局地的に1時間に50~100ミリの雨が降る見込みで、首都圏・江原・中南部の内陸・江原・中南部産地・忠清・慶尚北道・北西内陸・全羅北道北部は11日にかけて降水量が100~300ミリと予想され、特に忠清では降水量が350ミリ以上になることが予想されている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米金利先物、11月0.75%利上げ織り込む PCE

ビジネス

英首相・財務相、財政計画発表の前倒しは行わず 予算

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約に署名 予測

ビジネス

英中銀、30日に11.95億ポンドの国債買い入れ 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月