最新記事

セレブ

イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を頻繁に飛んで?批判うける

2022年8月10日(水)19時50分
青葉やまと

イーロン・マスクのジェットは頻繁に5分間のフライトを行なっている......Patrick Pleul/Reuters

<飛行時間はわずか5分。多忙極めるマスク氏は、移動時間を少しでも短縮したかったのだろうか>

短距離の移動にプライベートジェットを使うアメリカのセレブたちが、不要な二酸化炭素を排出しているとして批判の的となっている。

モデルのカイリー・ジェンナーは、わずか17分の飛行に自家用ジェットを駆り出したとして人々の怒りを買った。歌手のテイラー・スウィフトの自家用機は、今年に入ってからだけで170回も稼働したことが発覚している。

調査会社のヤード社によると、テイラー・スウィフトの今年のフライトだけで、一般人が年間に排出するCO2の1184倍を大気中に放出していたという。報道を受けてスウィフトの代理人は、他人に貸し出していたケースも多くあったと弁明している。

米NBCニュースは、ほかにも気候変動について世界中で講演しながら自家用機で何十万キロも移動をするビル・ゲイツなど、著名人や富裕層の行動には矛盾が多いと指摘している。

こうした不名誉な著名人のリストに、宇宙開発とEVで名を馳せるイーロン・マスクが加わったようだ。

車で10分、プライベートジェットで5分

米フォーチュン誌は、「もしカイリー・ジェンナーの17分のフライトが許し難いほど短いと思うなら、イーロン・マスクのジェットは頻繁に5分間のフライトを行なっている」と報じた。

飛行データの一例では、マスク氏所有のガルフストリーム機がロサンゼルス空港を出発。約5分後に、同じロサンゼルス郡のホーソーン市営空港に着陸している。


この区間は、マスク氏の自家用機がかなりよく移動するルートとなっていたようだ。フォーチュン誌は、「ロス国際空港からホーソーン空港まで、テスラなら10分で済む6マイル(約10キロ)の道のりを、この億万長者のジェットは何度も5分間のフライトを行なっていたことが判明した」と報じている。

お騒がせのセレブ追跡アカウントから判明

データの出所は、著名人のジェット機を追跡しているTwitterアカウントの「ElonJet」だ。同アカウントは自動でフライトデータを取得し、セレブたちの飛行情報を公開している。運営者で19歳大学生のジャック・スゥイーニー氏は、マスク氏専門の追跡アカウント「ElonJet」や、ロシアのオリガルヒ専門の追跡アカウントなど、30近いTwitterアカウントを管理している。

英ガーディアン紙などが今年1月に報じたように、マスク氏が安全上の懸念からデータを非開示にしてほしいと訴えたことでも話題になった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア軍に「脆弱性」、突如崩壊はない=英軍トップ

ビジネス

中銀介入は「信頼でも、協調的でもない」=BofA

ビジネス

ECB、インフレ抑制に強固な対応必要=シュナーベル

ワールド

G7外相「ロシアに一段の経済的代償」、4州併合受け

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月