最新記事

アルツハイマー病

アルツハイマー病の原因はアミロイドβ、とした重要論文で画像操作の可能性が明らかに

2022年7月27日(水)18時20分
松岡由希子

アルツハイマー病の原因に関する重要論文だったが...... haydenbird-iStock

<アルツハイマー病の発症原因がアミロイドβというタンパク質が関連しているという仮説があるが、「サイエンス」は「この研究論文は画像操作され、結果が捏造されたおそれがある」と報じた......>

米ミネソタ大学(UMN)のシルヴァン・レーヌ准教授らの研究チームは、2006年3月16日付の学術雑誌「ネイチャー」で、「『アミロイドベータスター56(Aβ*56)』というオリゴマー種がアルツハイマー病に関連する認知障害に寄与している可能性がある」との研究論文を発表した。

アルツハイマー病の早期治療における有望な標的として「アミロイドベータスター56」が注目され、この研究論文はこれまでに2269本の学術論文で引用されている。

しかし学術雑誌「サイエンス」は2022年7月21日、6カ月にわたる調査の結果、「この研究論文は画像操作され、結果が捏造されたおそれがある」と報じた

また、「ネイチャー」ではこの研究論文に7月14日付で「一部の図表について疑義が指摘されている。ネイチャーは調査をすすめ、すみやかに回答する予定だ。この間、この研究論文で報告された結果を使用する際には注意するよう勧める」と追記している。

数十本の研究論文で改竄・複製された画像が確認された

この問題を告発したのは、米ヴァンタービルト大学の神経科学者マシュー・シュレーグ准教授だ。2021年8月にキャッサバ・サイエンシズ社のアルツハイマー病の実験薬「シムフィラム」を調査する弁護士から依頼を受け、この薬とその基礎となる科学に関して公開された画像を精査した。

その結果、2006年3月16日付の研究論文を含む数十本の研究論文で、明らかに改竄もしくは複製された画像が確認された。シュレーグ准教授は2022年1月、キャッサバ・サイエンシズに研究助成金を支給しているアメリカ国立衛生研究所(NIH)やネイチャーを含む出版社にこれらの疑義を伝えている。

サイエンスは、米テキサス大学サンアントニオ校のジョージ・ペリー教授や米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のジョン・フォーサイス教授ら、アルツハイマー病の一流研究者と画像アナリストにシュレーグ准教授の調査結果をレビューするよう依頼した。

その結論は概ねシュレーグ准教授と一致しており、レーヌ准教授が著者となっているち20本以上の研究論文で疑義がみつかった。そのうち10本は「アミロイドベータスター56」に関するものだ。

レーヌ准教授はまだ回答していない......

シュレーグ准教授からの指摘を受け、レーヌ准教授らの研究チームは2013年4月に発表した研究論文と2012年7月に発表した研究論文の一部の画像をこのところ相次いで差し替えている。

レーヌ准教授はサイエンスからの問い合わせに回答していない。レーヌ准教授が所属するミネソタ大学の広報担当者は「大学ではレーヌ准教授の研究に関する申立てをレビューしている」とコメントしている。


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英中銀、市場安定へ国債650億ポンド買い入れ 来週

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、短距離2発 低高度で変則軌道

ビジネス

シンガポールのSATS、航空貨物処理最大手に 11

ワールド

北朝鮮のミサイル発射を強く非難、北京の大使館ルート

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月