最新記事

微生物

「プロバイオティクス」がうつ病の治療に役立つ可能性があることが明らかに

2022年6月23日(木)18時32分
松岡由希子

プロバイオティクスが大うつ病性障害(MDD)の治療に役立つ可能性がある...... ArtistGNDphotography-iStock

<プロバイオティクス(ヒトに有益な効果を与える微生物)が大うつ病性障害(MDD)の治療に役立つ可能性があることが明らかとなった......>

これまでの研究では、腸内細菌叢が私たちのメンタルヘルス(精神衛生)に重要な役割を果たしている可能性が指摘されている。そしてこのほど、プロバイオティクス(ヒトに有益な効果を与える微生物)が大うつ病性障害(MDD)の治療に役立つ可能性があることが明らかとなった。その研究論文は医学雑誌「トランスレーショナル・サイカエトリー」に2022年6月3日付で掲載されている。

腸内細菌叢の組成に変化がみられた

スイス・バーゼル大学と精神科クリニック「UPKバーゼル」の研究チームは、ハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D)で軽症と診断され、うつ病の通常治療を受けている「UPKバーゼル」の入院患者47人を対象に、うつ病患者へのプロバイオティクスの効果について調べた。

抗うつ薬に加え、被験者のうちの21人はプロバイオティクスサプリメント、残り26人は偽薬を31日間にわたって服用した。その結果、抗うつ薬による通常治療ですべての被験者のうつ症状が改善したものの、プロバイオティクスを摂取したグループは偽薬を服用したグループより大きな改善が認められた。

また、腸内細菌叢の組成にも変化がみられた。プロバイオティクスを摂取したグループでは、摂取期間終了時に乳酸菌が増加し、これがうつ症状の改善と関連していた。なお、その4週間後には乳酸菌のレベルが再び下がっていた。研究論文の筆頭著者でバーゼル大学のアンナ-キアラ・シャウブ博士は「4週間という摂取期間は十分でなく、腸内細菌叢の新しい組成が安定するまでにはより時間がかかるのかもしれない」と考察している。

脳活動にも変化をもたらした

プロバイオティクスは脳活動にも変化をもたらした。うつ病患者では感情処理を担う特定の脳領域の挙動が異なり、これは顔の表情に対する反応で測定される。

研究チームは、fMRI(磁気共鳴機能画像法)で脳活動を画像化し、恐怖の表情と無表情への被験者の反応を調べた。その結果、プロバイオティクスを摂取したグループでは脳活動が正常化した一方、偽薬を服用したグループでは正常化しなかった。

腸内細菌叢-腸-脳軸(MGB axis)のメカニズムについてはまだ解明されていないものの、今回の研究成果はプロバイオティクスが抗うつ薬による治療をサポートできる可能性を示すものだ。

うつ病は新たな治療法の開発が急務

現時点において、大うつ病性障害の治療法はまだ満足できるものではなく、うつ病患者の3分の2は最初に投与される抗うつ薬に十分な反応を示さない。新たな治療法の開発が急務となっている。シャウブ博士は「特異な作用を持つ細菌が特定できれば、これを最適に選び出して組み合わせ、うつ病治療をサポートできるかもしれない」と期待を寄せている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

謎の小児急性肝炎、6月は疑い例920人に増加=WH

ビジネス

暗号資産取引所FTX、ブロックファイ株取得へ協議=

ビジネス

カナダ経済、依然として軟着陸への道に=財務相

ビジネス

ジュールの電子たばこ販売禁止、裁判所が執行一時停止

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月