最新記事

児童虐待

大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった......母親と祖母を殺人で起訴

2022年6月14日(火)17時50分
佐藤太郎

母親のサンドラと祖母エリザベス/Tucson Police Department

<死亡した少女の兄は「ママはマウスウォッシュを使って治療しようとした」と話す。検死官は、ネグレクトだと指摘している>

アメリカ・アリゾナ州に住む9歳の少女が死亡した事件で、その母親サンドラ・クレイコビッチ(38歳)と祖母が殺人罪で起訴された。

亡くなった女の子(名前は公表されていない)は3月22日深夜に同州ツーソンの自宅から救急隊によって搬送された。この時すでに意識はなく、蘇生措置が行われたが少女が息を吹き返すことはなかった。

裁判資料によると、救急隊員は少女の頭にシラミがわいていることに気づいた。さらに、「よく調べてみると、髪には大量のシラミが付着していたことが判明した」とも書かれている。少女の死亡が確認された後、「大量の虫が少女の顔にあふれでてきた」という。

検死の結果、少女の死因は貧血。寄生したシラミはどんどん増え続け少女の血液を吸った。栄養失調も認められ、肺に体液がたまり、肝臓は壊死していた。検死官は、ネグレクト(育児放棄)によるものだと報告した。

また、祖母であるエリザベス・クレイコビッチ(64歳)は、母サンドラが家を留守にしている時に孫たちのひどい様子を見て、通報しようとしたが、サンドラに拒否された。孫たちの悲惨な状況を認識していたにも関わらず放置したとされている。

彼氏にメールで相談していた

当局の発表によると、母親が送ったテキストメッセージは、彼女が娘の状態を認識していたことを証明するものだと、Law and Crimeは報じている。

母親は昨年3月14日と15日に、交際していた彼氏へのメールで、娘の異変について書いていた。3月21日には「OMG babe」と送っていた。「聞いて、私は部屋にいるんだけど、お母さんから電話があったの。娘が死んでいないか確認したいって言ってきたのよ」

彼氏は、娘を病院に連れて行くよう促したが、母親は応じなかった。

この頃からおよそ1週間、少女は、頭痛、喉の痛み、発熱、呼吸困難で苦しんでいたとされる。

死亡した少女の上に11歳と13歳の兄がいるが、どちらもシラミに感染していた。「ママはマウスウォッシュを使って治療しようとした」と話したそうだ。母親と祖母は、この2人に対する児童虐待の罪ですでに起訴されている。兄弟は保護され他の家庭で暮らしている。


<合わせて読みたい>
無残、少女の足の裏に無数の寄生虫
数百匹のサナダムシが、頭痛を訴えた中国人男性の脳に

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

インドネシア貿易黒字、3月は予想上回る 輸入が減少

ワールド

スイス中銀、国内銀の最低準備金引き上げ 利払い負担

ビジネス

超長期中心に円債投資も残高は減、金利上昇局面で積み

ワールド

台湾輸出受注、3月前年比1.2%増で予想下回る 当
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 10

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中