最新記事

核マップ

【核爆弾シミュレーター】それが近くに落ちたら被害はどこまで及ぶか

Nuclear Bomb Blast Map Shows What Would Happen if One Detonated Near You

2022年5月17日(火)16時33分
アリストス・ジョージャウ

ロシア主導の軍事同盟「CSTO」の会議でNATO拡大への「報復措置」を強調したプーチン(3月15日)REUTERS/Mikhail Metzel/RIA Novosti/Kremlin

<ロシアのウクライナ侵攻以降、それまでは考えられなかったような核攻撃が現実にありうる世界にわれわれは暮らしている。地球のどこにいてもその重みが実感できるツールを専門家が開発した>

ここ数週間、核戦争の脅威に関する議論が熱を帯び始めた。スウェーデンとフィンランドがNATOへの加盟姿勢を鮮明にしたことに、ロシアが反発強めているためだ。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が今後、核兵器の使用に踏み切るかどうかをめぐっては、識者の意見も割れている。大統領の発言を「口先の脅し」だと一蹴する者がいる一方で、プーチンが窮地に追い詰められればリスクは現実のものになる、とする声もある。

実際に核爆弾が爆発した場合、何が起きるのだろうか? 爆発直後の衝撃はどれほどで、放射線が放出されるエリアはどこまで広がるのだろう?

ニュージャージー州ホーボーケンにあるスティーブンス工科大学准教授で、核兵器の歴史研究が専門のアレックス・ウェラーシュタインは、こうした疑問に地図上で答える核爆弾シミュレーター「ニュークマップ(核マップ)」を作成した。

nucleartopsmall.jpeg
NUKEMAP BY ALEX WELLERSTEIN HTTPS://NUCLEARSECRECY.COM/NUKEMAP/ / MAP DATA © OPENSTREETMAP CONTRIBUTORS, CC-BY-SA, IMAGERY © MAPBOX
ニューヨークの上空で史上最強の核爆弾「ツァーリ・ボンバ」が爆発した場合の被害シミュレーション(スクリーンショット)

このニュークマップは、世界の任意の地点で核爆発が起きた場合の影響を示してくれる。核兵器の威力や、地表(あるいはその近く)と上空のどちらで爆発したか、などの条件別に、爆風の及ぶ範囲を表示する。

予想される死者および負傷者の数、放射性降下物(フォールアウト、死の灰とも)が広がる範囲の大まかな推計、キノコ雲のサイズなどについても推定値が示される。作成者のウェラーシュタインは、シミュレーターに添えた説明文の中で、核兵器の破壊的被害を地図上に簡潔に描くことで、爆発の規模を理解する助けにするのが目的だと記している。

「私たちは、核兵器の話題が新聞の一面に頻繁に登場する世界に生きている。だが、実際に核爆弾が爆発した場合に何が起きるのかについては、非常に不正確なイメージしか持っていない人が大半だ」と、ウェラーシュタインは記す。

「地球上のあらゆるものが一瞬にして破壊されると思う人もいれば、従来型の爆弾とそれほど変わらないと考える人もいる。現実に起きることは、この両者の考えの中間のどこかにある。核兵器は甚大な破壊をもたらし、多くの人命を失わせる可能性があるが、その影響は、人間に把握不可能なほどではない」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

ワールド

ペンス前米副大統領「全責任負う」、自宅での機密文書

ワールド

米大統領、イスラエル支援を指示 エルサレム銃撃を「

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月