最新記事

ダム

湖の水を吸い込むような巨大な穴の正体とは

2022年4月14日(木)16時00分
松岡由希子

ダム湖にできた巨大な穴...... Monticello Dam spillway, Lake Berryessa-wikimedia

<一定の水位を超えると、余剰水が螺旋状に渦を巻きながら大きな穴の中へと垂直に流れ落ちていくダム穴「「朝顔型洪水吐(こうずいばき)」......>

米カリフォルニア州北部ナパバレーにあるベリエッサ湖は、1957年にモンセティセロダムが建設された際に造られたダム湖だ。水位が440フィート(約134メートル)を超えると、余剰水が螺旋状に渦を巻きながら大きな穴の中へと垂直に流れ落ちていく。それはまるで異次元へと吸い込まれていきそうな不思議な光景だ。地元では「グローリー・ホール」として親しまれ、観光スポットにもなっている。

直径22メートル、まっすぐ61メートル下に落ちていく

このダム穴は正式には「朝顔型洪水吐(こうずいばき)」と呼ばれ、ダムや堤防から出る水の流れを制御するために用いられる。モンセティセロダムは、「グレートバレー・シーケンス」の巨大な砂岩にある割れ目「デヴィルズ・ゲート」に位置し、崖との間に狭い隙間しかないため、大きな水路をつくるスペースがない。そこで、バスタブや流し台の排水口のような仕掛けが採用された。

直径72フィート(約22メートル)の巨大な穴の中に流出する水はまっすぐ200フィート(約61メートル)下へ落ちていく。この放水路の下部は直径28フィート(8.5メートル)と小さくなっており、水はこの地点で90度に曲がって水平に流れ、モンセティセロダムの下のプタ川へと注ぎ込む。

この穴を使用するのは50年に1度くらいだろう、と想定していたが

このダム穴が建設された1950年代当時、技術者たちは「このダム穴を使用するのは50年に1度くらいだろう」と想定していた。しかし、最近では2017年と2019年に放水されている。2017年2月にドローンで撮影された映像では、大量の水が次々と巨大な穴に流れ落ちていくダイナミックな風景がとらえられた。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ガザ南部でイスラエル軍が避難命令、16人が攻撃で死

ワールド

ワシントンでガザ攻撃への大規模抗議計画、イスラエル

ビジネス

午後3時のドルは157円前半へ下落、円広範にじり高

ビジネス

中国人民銀、予想外に主要金利引き下げ 成長後押しへ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...ケイト・モスの妹が除去を決意
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 9
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 10
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中