最新記事

韓国

大統領選が迫る韓国で、突如勃発した「薄毛」論争...選挙の争点は毛髪?

South Korean Presidential Candidate Gets Bald Vote By Touting Hair-Loss Treatment Coverage

2022年1月7日(金)17時24分
アユミ・デービス
李在明

Kim Hong-Ji-REUTERS

<これまでの大統領選では北朝鮮の核開発や経済対策、対米関係などが争点となってきたが、トップ候補の提案で「薄毛」対策が議論の的に>

今年3月に行われる韓国大統領選挙を控え、与党「共に民主党」の候補である李在明が、薄毛に悩む人々から強く支持され始めている。脱毛症の治療費を政府が一部負担するべきだ、と提案したからだ。

李は1月5日、報道陣に対し、脱毛症の治療に国民健康保険を適用すべきだという考えを明かした。李はフェイスブックでも、「脱毛症の治療で困っていること、政策に反映させるべきことを教えてほしい」と呼び掛けていた。「薄毛治療に関する完璧な政策を提案するつもりだ」

これまで韓国の大統領選と言えば、北朝鮮の核開発、政治家のスキャンダル、経済対策、対米関係などが主な争点となってきた。だが今回は李の提案をきっかけに、脱毛症が一躍、熱い議論の的となっている。

オンラインでは薄毛に悩む人々が、この提案を支持するメッセージを続々と書き込んでいる。「敬愛する在明の兄貴、愛してる。俺があなたを青瓦台(大統領官邸)に『植え込んで』みせる」「大統領閣下! あなたは韓国で初めて、薄毛の人々に新たな希望をもたらそうとしている」といった具合だ。

李によれば、韓国には薄毛に悩む人が1000万人近くいるが、その多くが高額な治療を受けることができず、代わりに国外から医薬品を取り寄せたり、前立腺の薬を使ったりしているという。その状況を受けて李は、「完全な身体」というものを考えた場合、薄毛治療への保険適用は必要な手段であり、財政への影響を調べているところだと述べた。

トップ候補だが、ポピュリスト批判も

李はかつて、「成功するバーニー・サンダース」になりたいと語ったことがある人物だ。京畿道知事を務めていた時代には、ベーシックインカムを提唱したことや、新型コロナウイルス感染症への対応で有名になった。

歯に衣を着せぬリベラル派として知られる李は現在、世論調査では大統領候補としてトップを走っている。しかし彼を危険なポピュリストと警戒する声や、今回の提案を票集めの戦略に過ぎないと批判する声もある。

保守派の文化日報は、1月6日付けの社説で次のように論じた。「(李のアイデアは、)薄毛を気にする多くの人にとって必要な対策に見えるかもしれない。しかし、国の保険制度の財務的安定性が損なわれることを考えると、深刻なポピュリズム以外の何物でもない」

野党「国民の党」の候補である安哲秀は、李の提案を「無責任」と断じたうえで、もし自身が当選したら、ジェネリック医薬品の価格を下げ、新しい治療法の開発費を支援すると約束した。

加齢や遺伝的要因による脱毛症は現在、政府が運営する保険制度の対象には含まれていない。原因が特定の病気である場合のみ、国民健康保険の対象となっている。なお韓国では、5人に1人が薄毛に悩んでいるとされる。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、23年度は世界販売・生産が過去最高 HV好

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要

ビジネス

午前の日経平均は反落、一時700円超安 前日の上げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中