最新記事

BOOKS

忘れられた事件 渋谷区の児童養護施設施設長はなぜ殺されたのか

2022年1月5日(水)15時50分
印南敦史(作家、書評家)
『児童養護施設 施設長 殺害事件』

Newsweek Japan

<犯行に及んだ男は、施設長が我が子同然に支えていた施設出身者だった。事件の背景に横たわる、子供たちを救うはずの制度の不備を指摘する1冊>

『児童養護施設 施設長 殺害事件――児童福祉制度の狭間に落ちた「子ども」たちの悲鳴』(大藪謙介、間野まりえ・著、中公新書ラクレ)の表紙にかかる帯には、笑みを浮かべた男性が男の子を背負っている写真が掲載されている。

児童養護施設の職員と、施設で暮らす子。男の子の顔にはボカシが入っているが、それでも楽しそうに見えるだけに、やがてこの職員が悲惨な事件に巻き込まれると想像するのは難しい。

だが2019年2月25日、渋谷区の児童養護施設でそれは起きたのだった。


 被害に遭ったのは、20年以上にわたって職員として勤め上げ、この4年前から施設長だった大森信也さん(当時46歳)。
 首や胸など十数か所を刺され、搬送先の病院でまもなく息をひきとった。
 凄惨な犯行に加え、衝撃的だったのは、逮捕されたのが、かつて施設で育った20代の男だったことだ。男は、施設を出たあと職を転々とし、事件の直前はネットカフェで寝泊まりしていたという。そして逮捕後、「恨みがあった。施設関係者なら誰でもよかった」と供述。しかし心神喪失を理由に不起訴となり、真相は明らかにならないまま、世間では、他の凶悪事件に埋もれ、"忘れられた事件"となっていった。(「まえがき」より)

著者はNHK報道番組ディレクターと同社会部記者だが、取材を進めていくうちに意外な事実を知ったという。大森さんは犯行に及んだ男(以下、Aと表記)が施設で暮らしていたときだけでなく、退所後も4年にわたって連絡を取り続け、就職の斡旋や住まいの確保などの支援を行っていたというのである。

つまり恨みを買うどころか、Aのことを我が子同然に支えていたのだ。事実、大森さんの下で育った人の多くが、「本当の父親以上に父親のような存在だった」と明かしている。

したがって、「なぜ......」という疑問を拭うことは難しいかもしれない。だが読み進めていくと、それが児童養護施設のあり方と密接に関わっていると痛感することになる。問題は「原則18歳で退所」という制度だ。

ホームレスになる子、風俗で働き始める子、自ら命を絶つ子......

児童養護施設で暮らす子供たちには、虐待や親の病気、死別などさまざまな事情から家族と離れて暮らさなければならない事情がある。だから彼らにとって、施設は我が家に等しい。そして職員は親代わりであり、身の周りのことから精神的なケアまでの支えとなってくれる存在だ。

にもかかわらず子供たちは、18歳を境に施設から追い出され、いきなり社会での自立を迫られる。それまで守られてきていた子たちにとって、いかに困難なことであるかは想像に難くない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英住宅売却希望価格、過去最高に迫る=ライトムーブ

ワールド

欧州で過酷な熱波の確率上昇、温暖化継続で=世界機関

ワールド

焦点:トランプ氏、若者の支持拡大 インフレやウクラ

ワールド

海洋紛争は対話で解決へ、中国軍制服組トップが表明 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中