最新記事

気候変動

<COP26>石油メジャーに脱石油させるには?──米議員の戦い

Big Oil to Testify on Climate Change Disinformation—What This Could Mean for Green Economy

2021年11月8日(月)10時23分
アレックス・ルーハンデ
アメリカの製油所

石油メジャーの嘘を暴き立てるだけではだめだと、石油業界と戦う米議員は言う(2015年、カリフォルニア州カーソンの精油所) Mike Blake-REUTERS

石油メジャー数社の幹部が10月28日、米連邦議会下院の監視・改革委員会の公聴会に初めて出席した。石油業界が、化石燃料が地球温暖化に与える影響に関する科学的事実を覆い隠そうとしているという指摘に答えるためだ。

エクソンモービル、ロイヤル・ダッチ・シェルなどの石油大手の内部文書によれば、石油各社は1980年代から、化石燃料排出物が及ぼす甚大な悪影響をめぐる科学的知識を持っていたことが示唆されている。にもかかわらずこれらの企業は、気候変動を裏づけるデータを打ち消すことを狙ったロビー活動や、秘密裏の研究資金提供を通じて、自社製品の有害性に関する誤った情報を拡散をさせたとされている。

そうした裏工作には近年、厳しい視線が向けられるようになっていた。特に、最近行われた英グリーンピースの調査は決定的だった。

グリーンピースのジャーナリストは、身元を隠したうえで、エクソンの連邦政府関係チーム担当シニアディレクターを務めるキース・マッコイにZoomインタビューをおこなった。そのなかでマッコイは、エクソンが「影の団体」と協力して、気候変動をめぐる初期の取り組みを妨害したことや、いくつかの科学的事実に反する「闘い」を続けてきたことを認めた。

ターニングポイントになるか

このレポートを受け、カリフォルニア州選出の下院議員で監視・改革委員会の環境小委員会の長を務めるロー・カンナは、エクソンなどの石油大手を、議会での質疑に出席させるつもりだと言った。この公聴会は世論のターニングポイントになる可能性がある、とカンナは本誌に語った。

bigoil1107.jpeg
石油メジャーと戦うロー・カンナ米下院議員(民主党)は、当事者すべてを勝ち組にできなければ脱炭素は進まないと言う  Pedro Nunes-REUTERS

「米国民のほとんどは、これらの企業が(気候変動を否定するために)行なってきたことや、現在も行い続けていることについて認識していない。ひとたび認識すれば衝撃を受け、反対の世論が一気に高まるだろう」とカンナは述べた。「われわれがしなければならないのは、そうした企業の悪行を衆目にさらし、米国の世論を変えることだ」

糾弾されている問題について公の場で答えさせることで、これらの企業に「誤った情報の拡散やロビー活動をやめさせ、実際に行動を変えさせる」動機づけができるはずだとカンナは述べた(結果的に、歴史的な公聴会はそれほどの注目を集めるには至っていない)。

石油各社は、過去には自社でPR活動やロビー活動を実施していたが、最近ではそうした活動を、米国石油協会(API)などの業界団体を通じて行うようになっている。APIは、議会に対するロビー活動を行う非営利組織で、最新の納税申告書によれば、2億3900万ドル近い巨額の収入がある。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

露カスペルスキー、米国事業を段階終了 販売禁止措置

ワールド

主要労組、米大統領選でいずれの候補も支持しない可能

ビジネス

トタルとSSE、EV充電の合弁立ち上げへ 英・アイ

ワールド

トランプ氏の虚偽主張に焦点を、「標的」表現は間違い
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 9
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 10
    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 10
    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中