最新記事

恐竜

巨大なとさかを持つ約1億年前の翼竜の骨格が発見される

2021年9月2日(木)19時10分
松岡由希子

体高1メートルで、その40%にも及ぶ巨大なとさかがある Sergey Krasovskiy

<サンパウロ大学で収蔵されている約3000個の標本から、翼竜の一種「トゥパンダクティルス・ナビガンス」のほぼ完全な骨格と軟組織の一部が見つかった>

2013年にブラジル・サンパウロ州サントス港での強制捜査により警察が押収し、サンパウロ大学で収蔵されている約3000個の標本から、前期白亜紀(約1億4500万年前から約1億50万年前)の翼竜の一種「トゥパンダクティルス・ナビガンス」のほぼ完全な骨格と軟組織の一部が見つかった。その研究成果は2021年8月25日にオープンアクセスジャーナル「プロスワン」で発表されている。

骨の内部が空洞になっているため、翼竜の化石は極めて希少

「トゥパンダクティルス・ナビガンス」の標本は黄色っぽい正方形の石灰岩の板6枚に埋め込まれていた。サンパウロ大学らの研究チームはCTスキャナーを用いて石灰岩に埋め込まれている骨格を分析し、標本の3Dモデルを作成した。

これによると、「トゥパンダクティルス・ナビガンス」は体高1メートルで、その40%にも及ぶ巨大なとさかがあることがわかった。翼幅は2.7メートルと推定されている。巨大なとさかと長い首を持ち、翼幅が比較的短いことから、主に陸上で生息し、飛行は短距離に限られていたとみられるが、背心骨があり、動力飛行にも適応していた。

翼竜の骨はもろく、骨の内部が空洞になっているため、翼竜の化石は極めて希少だ。「トゥパンダクティルス・ナビガンス」については2003年1月にドイツと英国の研究チームが初めて研究論文で発表したが、その際に用いられたのは頭骨の一部のみであった。「トゥパンダクティルス・ナビガンス」のほぼ完全な骨格がブラジルで見つかったのは今回が初めてだ。



「トゥパンダクティルス・ナビガンス」と同じくタペヤラ科に属する「トゥパンダクティルス・インペラトル」は、これまで別の種だと考えられてきた。しかし、研究チームは「これらの違いは性的二形(性別によって個体の形質が異なる現象)によるものであり、同種のオスとメスなのではないか」との仮説を示している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英中銀、市場安定へ国債650億ポンド買い入れ 来週

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、短距離2発 低高度で変則軌道

ビジネス

シンガポールのSATS、航空貨物処理最大手に 11

ワールド

北朝鮮のミサイル発射を強く非難、北京の大使館ルート

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月