最新記事

起業

失業に姉と母の死...どん底に落ちた私に人生を取り戻させた起業の「夢」

‘I Opened a Men-Only Nail Salon’

2021年7月16日(金)12時01分
シャナ・ソベラニス(男性専用ネイルサロン経営)

4月にオープンしたこの男性用ネイルサロンが私の人生を変えてくれた SHANA SOBERANIS

<会社をレイオフされ、さらには子供4人を抱えて母をコロナで亡くす。心が折れたが、ネイル店を始めてからは全てがハッピーに>

2018年の末まで、私はITアナリストだった。6年間続けたが、この年の12月にレイオフされた。

翌月、40歳の誕生日を祝う盛大なパーティーを開く予定だったから、ひと息つくタイミングとしては悪くなかった。3カ月くらいで仕事を見つけようと、私は決心した。

けれども、現実は甘くなかった。たくさんの求人に応募したが、面接に全く進めないまま3カ月が過ぎた。さらに3カ月が過ぎ、貯金が乏しくなり始めた。その頃は14歳と4歳の子供を抱えていた上、母の面倒も見ていた。一日中泣き続け、完全に心が折れた。

20年1月、ようやくパートの仕事にありついた後、ネイルスクールに行くことに決めた。私はある男性の友人に、定期的にペディキュアとマニキュアをしてあげていた。彼は理髪店を経営しており、空いている部屋があるから、そこでネイルの仕事をしてはどうかと言ってくれたのだ。

ところが3月に、1歳上の姉が心臓発作で急死した。大ショックだった。これで2人のわが子だけでなく、姉の2人の子と母の計5人の面倒を見ることになった。

家族全員が新型コロナウイルスに感染

ネイルスクールで学ぶ計画も、コロナ禍のせいで中止せざるを得なかった。8月には、私を含めて家族全員が新型コロナウイルスに感染した。9月8日には、母が新型コロナ感染症で亡くなった。

立て続けに起こったさまざまなことを頭から振り払いたくて、20年10月から3カ月間、ネイルスクールでみっちり学ぶことにした。同時に、自分が始めたい男性向けネイルサロン「マン・ケイブ・ネイルケア・フォー・ジェントルメン」のビジネスプランを描き始めた。

講師やクラスメイトは、なぜ男性専用のサロンをやりたいのか、それもどうして足を専門にするのかと、いつも聞いてきた。この質問には「足のお世話をしたいから」としか答えられない。今でも私は、マニキュアよりペディキュアをするのが好きだ。

こうして私はネイル専門士になる勉強を続け、州の資格試験にも合格。今年4月には、念願の男性専用ネイルサロンをオープンした。

店のウェブサイトで予約を受けるときには、音楽やテレビ番組の好み、好きなドリンクを書いてもらう。予約の日時にお客様が来店すると、もうお好みの環境が整っているという仕掛けだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

ワールド

EU、ロ産原油価格上限で週末にも正式合意 禁輸後の

ワールド

アングル:ハッカーの標的にされた豪、データ漏えいに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 9

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 10

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月