最新記事

コロナワクチン

副反応が何もないとワクチンが効いていない?

HOW VACCINES WORK

2021年6月11日(金)16時15分
ロバート・フィンバーグ(マサチューセッツ大学医学部教授)
コロナワクチン接種

一部の人に副反応が出るのは想定内だが重篤な例はごく少数 HANNAH BEIER-REUTERS

<ワクチンと免疫と副反応はどんな関係にあるのか。接種直後の体調不良とワクチンの実際の作用はどう違うのか。感染症と免疫学の専門家が解説する>

新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた後に、頭痛やちょっとした体調不良──。「これは免疫システムがよく働いている証拠だろう」と人々が口にしているのをよく耳にする。反対に、副反応が何もないとワクチンが効いていないのでは、と心配する人もいるようだ。

目に見える副反応は、体内の細胞レベルで起きていることと何か関係があるのだろうか。自覚できる症状とは何か。ワクチンの実際の作用とはどう違うのか──感染症と免疫学の専門家が解説する。

ワクチン接種と体の働き

人間の免疫システムは、ワクチンという「異物」に対して、2つの異なるシステムを介して反応する。

最初の反応は、自然免疫応答(自然免疫)と呼ばれるもの。このシステムは、病原菌やウイルスなど病原体が体内に侵入したことを細胞が検知すると、すぐに活性化する。その目的は、侵入者を排除すること。好中球と呼ばれる白血球とマクロファージが侵入者の元に行き、破壊を試みる。

この第1の防衛線は比較的「短命」で、持続期間は数時間から数日だ。

第2の防衛線は活性化に数日から数週間を要する、より持続期間の長い適応免疫応答(獲得免疫)だ。このシステムでは、免疫システムのT細胞とB細胞が特定の侵入者(例えばコロナウイルスのタンパク質など)を認識することを学習する。この学習(免疫記憶)によって、数カ月後あるいは数年後に同じ侵入者と再び遭遇した場合に、相手を倒すための抗体が生成される。

新型コロナウイルスワクチンの場合、ウイルスに対する長期的な保護をもたらす適応免疫応答が起きるまでには、約2週間の時間がかかる。ワクチン接種から1~2日以内に気付く症状は、自然免疫応答の一部。体内に侵入してきた異物を迅速に排除するための、体の炎症反応だ。

人によってその程度に差はあるが、当初の反応の激しさが必ずしも、長期的な反応と関連しているわけではない。新型コロナウイルスの2つのmRNAワクチンの場合、接種を受けた人の90%以上が適応免疫応答を獲得したのに対して、副反応があった人は50%を下回り、そのほとんどが軽いものだったことが分かっている。

自分の体にどれだけ強力な適応免疫応答が獲得されつつあるのか、全く分からない可能性もある。

結論を言えば、ワクチンが体内でどれだけ順調に効果を発揮しているのかは、目に見える形では分からない。ワクチン接種による免疫反応が比較的強い人と弱い人がいるが、接種直後の副反応の有無でそれを判断することはできない。ワクチンによる免疫獲得を手助けするのは後から起きる適応免疫応答であり、接種直後の炎症反応ではないからだ。

副反応とは何か

副反応とは、外来物質(異物)を注射したことに対する正常な反応だ。発熱や筋肉痛、注射部位の違和感などがあり、自然免疫応答によって引き起こされる。

体内の好中球やマクロファージがワクチンの分子を検知し、サイトカイン(発熱や悪寒、倦怠感や筋肉痛を引き起こす分子シグナル)を作り出す。外来異物が体内に注入された後には必ず、このサイトカイン反応が起きることが予想される。

被験者に対して無作為にmRNAワクチンまたはプラシーボ(偽薬)の注射をした複数の研究では、新型コロナウイルスのワクチンを接種した16~55歳の被験者の約半数が、2回目の接種後に頭痛を発症した。

この反応はワクチンと関連がある可能性もあるが、プラシーボのみを接種した被験者の4分の1も頭痛を発症した。つまり、ごく一般的な症状の場合、ワクチンが原因なのかどうかを判断することは非常に難しい。

一部の人にワクチンの副反応が出るのは想定内のこと。それに対して、「有害事象」と呼ばれるものがある。医師たちがワクチン接種の結果として予想していないもののことで、臓器不全や体の一部への深刻なダメージが含まれる。

アメリカがジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンの流通を一時停止するきっかけになった血栓は極めてまれな事象で、頻度は100万回に1回程度。確実にワクチンによって引き起こされたのかどうかは依然調査中だが、それでも血栓が実にまれな副反応であることは確かだ。

ワクチンのどの成分が副反応を引き起こすのか

ファイザーとモデルナのワクチンの「有効成分」は、体内の細胞に対してウイルスタンパク質の形成を指示するmRNAのみだ。だがワクチンには、mRNAが体内を移動するのを手助けするための、そのほかの成分も含まれている。

ワクチン中のmRNAが、接種を受けた人の細胞に入って働けるようにするには、元来はそれを破壊する役目を果たす体内の酵素をうまく避けなければならない。そこで研究者たちは、ワクチン中のmRNAを脂質の膜で覆って保護し、破壊されずに済むようにした。アレルギー反応を引き起こす可能性があるのは、この脂質の膜の一部であるポリエチレングリコールなど、ワクチンの中に含まれているmRNA以外の成分だと考えられる。

ワクチン接種後の体調不良は強い免疫が獲得された証拠?

自然免疫応答と長期的な反応(適応免疫応答)の間に何らかの関係があることは、明らかになっていない。ワクチン接種でよりはっきりした副反応があれば、新型コロナウイルスからより強力に守られるという科学的な証拠はない。

前述したように、アメリカで承認されている2つのmRNAワクチンはいずれも、接種を受けた人の90%以上に防御免疫をもたらしたが、ワクチンに対するなんらかの副反応が報告された人は50%に満たない。さらに、重篤な副反応があった人はごく少数だ。

The Conversation

Robert Finberg, Professor of Medicine, University of Massachusetts Medical School

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

20210615issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月15日号(6月8日発売)は「世界があきれる東京五輪」特集。国民も専門家も無視する政府、日本の状況が見えないIOC。「安心・安全」とは限らない五輪を世界はこう考える


ニュース速報

ワールド

G7、途上国向けインフラ支援構想で合意 「一帯一路

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 10

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月