最新記事

野生動物

アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が警戒

Chinese City Taps Over 400 Emergency Responders to be on Alert as Elephant Herd Approaches

2021年6月9日(水)19時07分
ジュリア・マーニン

今のところ動物や人に危害を加えたという報告はないが、農作物に100万ドル以上の被害が出ているという。

保護区を出発した時点でこの群れには16頭のゾウがいた。中国政府の発表によれば、そのうち2頭が保護区に戻り、旅の途中で新たに1頭が生まれた。公式報告によると、群れは現在、成年に達したメス6頭とオス3頭、そして未成年の3頭と子供のゾウ3頭で構成されている。

ゾウがこの壮大な旅に出た動機は謎のままだ。このゾウたちの出身地は、300頭ほどのゾウが暮らす緑豊かな熱帯の保護区だが、そこと同じようにトウモロコシやトロピカルフルーツなどゾウの好きな食べ物が豊富に手に入る土地を探しているのかもしれない。群れのリーダーが道に迷っただけではないかと推測する人々もいる。

世界自然保護基金(WWF)のアジア種保護担当マネージャー 、ニランガ・ジャヤシンゲによると、アジアゾウは本来の行動圏を守って暮らすものだが、何等かの騒動や資源の喪失、開発などの問題があれば、生息地から離れる可能性はある。

「このゾウの群れが、なぜ本来の縄張りを離れたのかは分からない。だが過去数十年で森林が農場に転換され、生息に適した土地が大幅に減ったことは分かっている」と、ジャヤシンゲは電子メールで答えた。「今回の現象は、新しい生息地を探す群れが道に迷い、そのまま進み続けたということかもしれない」

最高レベルの保護

当局は人とゾウの遭遇による被害の防止に取り組んでいるが「次に取るべき最善の対策を判断し、人間とゾウの間でトラブルが起きないようにしなくてはならない」とジャヤシンゲは指摘する。

昆明ではこの秋、生物の多様性に関する条約(CBS)の締約国会議が開催される予定。そこでは人間と野生動物の対立などのテーマについて議論が行われることになっている。「今回の事件は、野生動物と人間の両方の利益のために、根本原因と取り組む重要性を示すリアルタイムの実例だ」と、ジャヤシンゲは述べた。

中国の野生のゾウは最高レベルの保護を受けており、自然の生息地が縮小してもその数は着実に増加している。そして農民をはじめ人間はゾウに遭遇した場合、最大限の自制を求められ、ゾウを怖がらせて追い払うために爆竹を使用することは禁じられている。

これまでのところ、人口密集地にゾウを近づけない手段として、トラックや建設機械を投入して道路を封鎖し、エサを使って群れを誘導するなど、穏やかな方法がとられている。

だが昆明は人口700万人の大都市だ。最近、オスのゾウが1頭、みずから群れを離れ、近隣の人々を一時、不安に陥れた。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに3058人のコロナ感染者 日曜では過

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 7

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 8

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月