最新記事

マスク

マスク不要のCDC勧告、米でも異論噴出 ワクチン未接種でもマスク不要との誤解も

2021年5月25日(火)16時30分
青葉やまと

「すべての人のマスク義務を廃止するかのように思われていますが、そうではありません」米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長 Greg Nash/REUTERS

<ワクチン接種済みならマスク不要としたCDC勧告に、アメリカ国内で異論が相次いでいる>

米CDCは5月13日、ワクチンの完全な接種が完了した人々は公共の場でマスクを外しても問題ないとする勧告を示した。ソーシャルディスタンスの確保も不要としている。医療現場など特殊な状況を除き、広く一般社会に適用される見通しだ。

アメリカでの着用義務は現在、各州が判断している。感染拡大が深刻なニューヨーク州やカリフォルニア州など複数の州は、マスク着用をこれまで義務化してきた。CDCの方針を受けて両州は、早ければ来月から接種完了者の着用義務を解除する意向を示した。

テキサス州のアボット知事は、さらに思い切った緩和策を打ち出している。今後同州内の政府機関が市民に対して着用義務を課すことは、従来の方針から一転し、違法行為とみなされる。

感染リスク無視の一律撤廃が物議を醸す

CDCの勧告は、アメリカの人々を息苦しいマスクから開放するものだ。待望の新方針として一様に歓迎されるかと思いきや、意外にもこの方針に対し、常軌を逸しているとの批判が上がっている。

米公共放送局のNPRは、「歴史上前例がない状況において、CDCの動きはギャンブルだ」「だが、確実な賭けからは程遠い」と述べ、指針に批判的な立場を示した。

政治ニュースメディアの米ポリティコ誌も「公衆衛生の入門レベルのミス」だと述べ、新方針を厳しく批判している。同誌がとくに憂慮するシナリオは、職場での感染拡大だ。

CDC方針を受けた米アマゾンはすでに、ワクチン接種済みの倉庫労働者に対するマスク義務を撤廃した。大手スーパーチェーンのクローガー社も接種済みの来店客のマスクを免除するなど、マスク義務解除へのうねりが広がる。

しかし、現在アメリカでワクチン接種を完全に済ませた人の割合は、3人に1人をやや上回る程度だ。ワクチンの有効率が100%ではない状態で、周囲の人の3分の2がワクチン未接種の空間を、マスクなしで歩くことになる。こうした状況はすでに起きており、マスク未着用の来店客に恐怖を覚える店舗従業員も多いという。

労働者の権利団体である米国労働法プロジェクトは、精肉やスーパー、倉庫などの密な環境で「膨大な数の従業員が感染し、アウトブレイクが起き続けてきた」と指摘する。同団体はCDCと労働安全衛生局に対し、職場では引き続きマスクが必要であることを「直ちに」周知するよう求めている。職場が感染のホットスポットとなれば、従業員を通じて家庭へも感染が波及しかねない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英GDP、6月は予想上回る前月比0.6%減 景気後

ワールド

来夏以降の電力安定供給のため、さらなる原発再稼働は

ビジネス

日野とトヨタを米国運送業者が提訴、トラック不正で損

ワールド

東京都で2万0401人の新型コロナ感染確認、30人

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月