最新記事

副反応

米当局、J&Jコロナワクチン接種の一時中断を勧告 血栓の副反応で

2021年4月14日(水)09時19分

米保健当局は13日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、接種者のうち6人がまれな血栓症を発症したことを受け、ワクチン使用の一時中止を勧告した(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品局(FDA)は13日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、接種した50歳以下の女性6人に血栓が生じる事例が報告されたことを受け、接種を一時中止するよう勧告した。

FDA高官によると、ワクチン接種の中断は少なくとも数日間で、医療従事者が状況に対応できるよう情報を提供することが目的という。

米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、J&Jワクチン接種停止が数日から数週間続く公算が大きいとした上で、全面的な使用打ち切りに至る可能性も排除できないと述べた。

FDAとCDCによると、血栓症を発症したのは18─48歳の女性6人で、接種後6─13日後、脳に血栓ができる静脈洞血栓症(CVST)を発症し、血小板の減少も見られた。6人のうち1人が死亡し、別の1人は重体という。

FDA高官は、英アストラゼネカ製ワクチンを巡り報告されている症例と「類似していることは明白」と述べた。

FDA、CDC両当局は、こうした事例が極めてまれとした上で、CDCの諮問委員会が14日に会合を開いて協議するほか、FDAも分析評価を行うと明らかにした。

米政府、ワクチン接種計画に変更なし

米ホワイトハウスは、代わりのワクチンを接種できるよう調整しているとし、J&J製ワクチンの接種中断はバイデン大統領が目指している4月末までに国内で2億回接種するという目標の達成に影響しないと説明した。

バイデン氏は記者団に「十分なワクチンを確保しており、それは100%確かなことだ」と強調した。

4月12日時点で、米国でのJ&Jワクチンの接種回数は680万回以上。

J&Jワクチンを巡っては、欧州でも接種後にまれな血栓症の発症が4例報告されており、当局が調査に乗り出している。

J&Jは、規制当局と緊密に協力しており、今回の事例とワクチンとの間に明確な因果関係は確認されていないと表明。報告されたまれな血栓症例を精査しているほか、欧州でのワクチン展開を遅らせるとした。

ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターの感染症専門家アメッシュ・アダルジャ医師は「血栓とワクチンに因果関係があったとしても、非常にリスクの低い事案だと考えられる。約700万回の接種で血栓の発症が6例というのは、経口避妊薬による血栓のリスクよりも低く、パニックに陥るほどのことではない」と述べた。

マサチューセッツ大学メモリアル・メディカルセンターのロバート・クルーグマン医師は「他のワクチンでは見られない異常かつ重篤な副反応の性質からして、当局の勧告は理にかなっている」という見方を示した。

欧州連合(EU)の高官はロイターに対し、J&JがEU向けワクチン供給遅延を発表したことは「全くの想定外」とし、欧州委員会は説明を求める意向と明らかにした。

高官によると、J&Jは先週末の会合で6月末までにEUに5500万回分のワクチンを供給することを確認したとし、「英アストラゼネカと同様の状況に陥る恐れがあり、懸念される」と述べた。

各国も対応急ぐ

南アフリカは、J&Jワクチンと血栓症の因果関係を巡り十分な精査が行われるまで、同ワクチンの接種を一時停止すると発表した。

カナダのトルドー首相は、血栓症が発症したという報告を巡り、J&Jと連絡を取っているとした。さらに、国内で急速に広がる新型コロナ変異株の感染に警鐘を鳴らした。また同国では、アストラゼネカ製ワクチン接種後に血小板減少を伴う血栓症事例が初めて報告された。

ベルギーはJ&Jワクチンの接種を継続すると表明。ワクチン対策本部の報道官は「現時点で接種を中断すべきシグナルは確認していない」とした。ベルギーは前日、3万6000回分のJ&Jワクチンの供給を受けたばかり。

スウェーデンはJ&Jワクチンの使用を巡り、数日中に決定すると表明した。スウェーデンは週内にJ&Jから初のワクチンを受け取ることになっていた。

スペイン保健相は、14日にJ&Jワクチン30万回分を受け取る計画が変更されるとは認識していないとした。

世界保健機関(WHO)はロイターへの電子メールで、 EUの医薬品規制当局である欧州医薬品庁(EMA)およびFDAの分析や、副反応に関する世界的なデータを注視するとし、「データの精査には幾分時間がかかる見通し」とした。

*内容を追加ました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2021トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実
・新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?
・世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...


ニュース速報

ビジネス

米金融街、新たな変異ウイルスや金利上昇などを懸念=

ビジネス

独自動車産業、新技術への投資なければ雇用崩壊=労組

ビジネス

米タペストリーの1─3月期、売上高が予想上回る 北

ビジネス

寄り付きの日経平均は小幅安、米雇用統計控え模様眺め

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 3

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 7

    カン・ハンナ「私のおすすめ韓国映画5本」とマブリー…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    北朝鮮の超エリート学院でコロナ感染、「赤い貴族」…

  • 10

    迫りくるもう一つの米中逆転

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 4

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 5

    米FDA、メンソールたばこ禁止へ 当局が来年に基準案…

  • 6

    メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

  • 7

    アジア中が萌えた!王道ラブストーリーの韓国ドラマ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    アメリカでビットコインの未来を決める判断が間もな…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月