最新記事

恐竜

肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

2021年3月3日(水)19時00分
松岡由希子

中型の肉食恐竜が存在しなかった理由が明らかに Schroeder-Scienc

<米ニューメキシコ大学ほかの研究チームは、中型の肉食恐竜が存在しなかった理由についての研究成果を発表した......>

恐竜は、哺乳類や鳥類に比べて種が圧倒的に少なく、既知種数は1500種程度だ。哺乳類の種は大型よりも小型のほうが多い一方、恐竜は大型種のほうが多い。

また、肉食動物は、体重4キロのオオミミギツネのような小型から体重190キロに達する大型のライオンまで、様々な大きさの種が存在するが、肉食恐竜は、大型と小型に二極化され、100〜1000キロの中型の種が極めて少ない。

この理由について「大型肉食恐竜は、ネコくらいのサイズで生まれ、10年以上かけて1トン超の大きさにまで成長する過程において、狩猟形態や獲物が変化する。これによって、生態系内で共存できる種が制限されたのではないか」との仮説が示されている。

大型肉食恐竜の子どもが、中型肉食恐竜の大きさと一致する

米ニューメキシコ大学とネブラスカ大学の研究チームは、この仮説を裏付ける研究成果を、2021年2月26日、学術雑誌「サイエンス」で発表した。

研究チームは、550種以上の恐竜を含む世界43カ所の化石発掘地のデータを「古生物データベース」から抽出。エリアごとに恐竜を食性と大きさで分類し、小型・中型・大型の種の数を調べた。

その結果、大型肉食恐竜がいた生態系では、100〜1000キロの中型肉食恐竜がほとんどみられなかった。研究論文の筆頭著者でニューメキシコ大学の修士課程に在籍するカトリン・シュローダー氏は「大型肉食恐竜の未成体(成体になる前の子ども)が中型肉食恐竜の大きさと一致する」と指摘する

また、恐竜の種の多様性は、時代によっても異なっていた。1億4500万〜2億年前のジュラ紀では、中型の種の数と小型・大型との差が小さかった一方、ティラノサウルスやアベリサウルスなどの大型肉食恐竜が繁栄した6500万〜1億4500万年前の白亜紀では、その差が大きかった。

さらに研究チームは、子の成長率と孵化した幼生恐竜の生存率を組み合わせ、大型肉食恐竜のバイオマス(生物量)に占める未成体の割合を推定し、未成体の大型肉食恐竜が中型肉食恐竜の種の数に影響をもたらしていることを示した。

「ティーンエイジャーで満員」、ほかの種が利用できる余地がない

研究論文の共同著者でネブラスカ大学のキャサリーン・リオン准教授は「そのサイズの恐竜が利用可能なエネルギーの50%以上を未成体の大型肉食恐竜が消費し、他の種が利用できるエネルギーがほとんど残されていなかった」と解説

シュローダー氏は、この状況を「週末、若者でごった返すショッピングモールのようだ。ティーンエイジャーで満員」とたとえている。一連の研究成果は、肉食恐竜にまつわる長年の謎の解明に役立つのみならず、恐竜の研究における生態学的観点の意義を示すものとしても評価されている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

東京五輪まで100日、難しいコロナ対策 暑さとの両

ビジネス

クレディ・スイス、アルケゴス絡みのブロック取引提示

ビジネス

ファイザー、5月末までに米へのワクチン供給10%拡

ビジネス

LVMHの第1四半期、売上がコロナ前超える 中国や

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月