最新記事

新型コロナウイルス

ドイツ「布マスク禁止令」で感染拡大に歯止めはかかるか?

2021年2月2日(火)18時15分
熊谷徹(ドイツ在住ジャーナリスト)

「今、行動しなければならない」というメルケル首相の訴えは伝わるか MICHAEL KAPPELER-POOL-REUTERS

<約3カ月間ロックダウンを行うもウイルス拡大は止まらず、独政府は特定の状況下における医療用マスク着用を義務化。肯定的な意見は多いが、果たして効果は...>

ドイツ政府は1月19日、商店や公共交通機関の利用の際にはFFP2などフィルター性が高い医療用マスクを着用することを政令で義務付けた。25日から施行され(バイエルン州政府だけは独自に18日から実施)、違反者は250ユーロの罰金を科される。もはや布マスクでは買い物にも行けない。

筆者が住むバイエルン州ミュンヘンのスーパーマーケット。布マスクを着けた中年の女性客が店に入ろうとしたところ、店員に「FFP2マスクを着けないと入店できませんよ」と注意された。女性は店員に「FFP2マスクって何?」と聞き返していた。入り口には「入店時には、FFP2マスクを着けることが義務付けられています」と書いた大きなポスターが貼られているが、女性は見過ごしたのだろう。

だが、先行して施行された同州では既に周知が行き届いており、こうしたケースは例外だ。店内を見回すと子供を除くほぼ全ての客はFFP2マスクを着けている(14歳以下は着用義務免除)。

ドイツでは昨年4月のパンデミック第1波で商店や公共交通機関でのマスク着用義務が導入されたが、種類の指定はなく、大半の人が布マスクを使っていた。

FFP2マスクは、12月頃から薬局やオンラインで比較的容易に入手できるようになった。価格が1枚6ユーロの時期もあったが、最近では1枚1ユーロ前後に下がっている。ドイツ政府は、60歳以上や基礎疾患を持つ人には無料で3枚配布している。またバイエルン州政府は、失業者らに250万枚のFFP2マスクを配り始めた。

FFP2マスクの義務化に踏み切ったのは、約3カ月間ロックダウン(都市封鎖)を行っているにもかかわらず、ウイルス拡大が止まらないためだ。11月2日以降は飲食店や劇場、映画館などの営業、国内観光での宿泊施設提供が禁止された。

12月16日からは食料品店や薬局などを除く全ての商店の営業も禁じられ、学校や託児所も閉鎖。だが直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は、1月27日時点で101人と、政府目標(50人)の2倍以上。ロベルト・コッホ研究所によると、29日には1万4000人が感染し、839人が死亡した。

さらに英国で発見された感染力が強い変異株「B・1・1・7」の市中感染がドイツでも起きている。ドイツ政府はFFP2マスクについて「飛沫やエアロゾルからの防護度は94%」で、布マスクよりも高いと説明している。

ニュース速報

ビジネス

米スタバの7─9月期、売上高が大幅増加 客足回帰

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMCの結果待ち

ワールド

米議会襲撃で「死の恐怖味わう」、下院委の初公聴会で

ワールド

ワクチン接種でも屋内でマスクを、米が指針見直し 感

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月