最新記事

韓国社会

韓国またも宗教団体がクラスター発生源に コロナ陰謀論唱えるキリスト教団体など各地で感染拡げる

2021年1月25日(月)20時50分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

問題となったクラスターは、昨年11月27・28日に行われた集会イベントが原因とされる。この日、韓国全土から540名以上の信者がセンターに集まった。そして集会終了直後、この集会からクラスターが発生したことが明るみになった。問題の発覚後、地元自治体はすぐに対応し、InterCP側に集会の参加者名簿の提出を要請したが拒否されてしまった。

2次感染、3次感染で520名に感染拡大

その後も、InterCP側は感染者の情報提出の拒否、ウイルス検査の拒否、さらには偽の連絡先を提出するなど、「サラン第一教会」のように当局へ非協力的な態度をとっており、韓国民の非難が集中している。

結局、BTJ列邦センター訪問者のうち、なんと260名の感染が発覚。さらにそこから2次感染、3次感染が発生。520名以上に広まっていったという。

尚州市は、今月3日BTJ列邦センターの使用禁止命令を発令し、その4日後にはセンターの閉鎖を決定した。そして、InterCP幹部2名を警察に告訴し、拘束する素早い対応をみせた。

さらに、尚州市は11月に行われた集会に参加したにもかかわらずコロナウイルス検査を拒否し続けている信者57名を告訴している。市は「集会参加者全員の身元確保と、検査が終了するまで毅然とした態度で挑む」と強い声明を発表した。

尚州市に続き、ソウル市でも11月の集会イベントに参加していたInterCPの信者をGPS追跡捜査システムにより突き止め、検査拒否を続ける1名と連絡拒否の4名を告発したと発表した。個人情報保護よりも徹底した感染者追跡を優先する韓国の毅然とした姿勢は健在だ。

こうして、InterCPクラスターも落ち着きを見せはじめめたところ、先週末またしても2件の宗教施設でのクラスターが報道され、韓国民は落胆の色を隠せないでいる。

宗教団体の寮でクラスター

今月24日、大田市にある「IM宣教会」が運営する無認可教育施設IEM国際学校では、127名(1月25日現在)のクラスターが発生した。この学校は基本的に寮生活をしながら宗教を学ぶ施設であり、感染確認後、生徒と教員146名の検査を行ったところ生徒116名、教員11名の陽性が発覚したという。

陽性者はすでに治療センターに隔離され、施設は閉鎖されている。大田市教育庁は韓国防疫センターと協議し、類似する宗教団体関連の無認可学校も、防疫規則を順守しているか調査していくと発表した。

光州では教会の学習塾で感染

また、同じく24日、光州市にある「ピッネリ教会」では、同教会が運営するホームスクール型学習施設にてクラスターが発生した。

感染拡大第3波対策の防疫強化が開始されると、教会での集会はオンラインに変更されていたものの、教会職員とスクールの教員・生徒の一部は建物内の寄宿舎で寝泊まりしていたという。そこから感染が拡大してしまい、現在建物内にいた30名のうち18名の陽性が確認され、5名は陰性。残り7名の検査結果待ちだという(1月25日現在)。

新型コロナウイルスのパンデミックが発生し1年以上が過ぎた。韓国は、これまで感染数が増えても全国一斉の防疫対策など国民一丸となって取り組んできたが、またしても宗教団体の身勝手な行動でクラスターが起こってしまった。

先が見えない長い闘いに疲れ、神にすがりたくなる気持ちもよくわかるが、だからといって集団イベントを開催し、感染を拡大させることを神は望んでいるはずがない。このような信仰心を盾にしたクラスターが、もう二度と発生しないことを願っている。

ニュース速報

ビジネス

米スタバの7─9月期、売上高が大幅増加 客足回帰

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMCの結果待ち

ワールド

米議会襲撃で「死の恐怖味わう」、下院委の初公聴会で

ワールド

ワクチン接種でも屋内でマスクを、米が指針見直し 感

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月