最新記事

新型コロナウイルス

新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──新研究

COVID Spread To Europe Months Before China Reported It, Study Claims

2020年11月17日(火)16時50分
ゾーイ・ドレウェット

コロナ第2波に身構えるローマの人々(11月14日) Remo Casilli-REUTERS

<新型コロナウイルス感染症は2019年12月の武漢で最初に報告されたという公式見解が覆れば、このパンデミックの歴史が書き換えられることになる>

イタリアの科学者らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2019年9月からイタリアで拡散していた可能性があると考えている。この見解は、新型コロナウイルスがこれまで考えられていたよりも数カ月早く、中国国外で広がっていたことを示唆している。

世界保健機関(WHO)によれば、COVID-19と呼ばれる疾病の発生は、2019年12月に中国中部の武漢市で最初に報告された。イタリア最初の感染者は、北部ロンバルディア州のミラノ近郊の町で2020年2月21日に確認された。

だが、ミラノにある国立がん研究所の研究によると、早いものでは2019年9月の血液サンプルから新型コロナウイルスの抗体が検出された。この知見により、「パンデミックのこれまでの経緯が書き換えられる可能性がある」と研究チームは述べている。

学術誌「Tumori Journal」(「Tumori」はイタリア語で「腫瘍」の意味)で発表されたこの研究では、イタリア第一波の中心となったミラノで2019年9月から2020年3月までにがん治験に任意参加した1000人近い人(全員が無症状)の血液サンプルを調べた。

その結果、11%を超えるサンプルで、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に特異的な抗体ができていたことがわかった。抗体は、2020年2月よりもかなり前から見られ、2019年9月に採取した血液サンプルでは14%から抗体が検出された。

フランスでも

「この研究結果は、イタリアで最初の感染者が確認される数カ月前、予想外のきわめて早い時期から、無症状者のあいだでSARS-CoV-2が広まっていたことを示している」と研究論文の著者らは書いている。「イタリアでCOVID-19発生が報告される前の無症状者からSARS-CoV-2抗体が検出されたことで、パンデミックのこれまでの経緯が書き換えられる可能性がある」

これまで考えられていたよりも早い時期から新型コロナウイルスが存在していた証拠を科学者が発見したのは、今回が最初ではない。3月にはイタリアの研究者らにより、ロンバルディア州では2019年10〜12月期に報告された重症の肺炎やインフルエンザの症例数が通常より多かったと指摘され、新型コロナウイルスが当時から流行していた可能性が示唆されていた。

5月にはフランスの病院が、欧州で最初の感染者が公式に報告される1カ月ほど前にCovid-19患者を治療していたことを明らかにした。パリ近郊のアビセンヌ病院とジャン・ベルディエ病院で救急蘇生の責任者を務めるイブ・コーエン医師によれば、12月と1月に肺炎の治療を受け、インフルエンザ検査で陰性だった患者24名の古いサンプルについて、科学者が再検査を実施した。そのうち、12月27日にサンプルを採取した患者1名で、COVID-19陽性の結果が出たとコーエンはTVに話した。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月