最新記事

新型コロナウイルス

中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

2020年10月23日(金)17時00分
松丸さとみ

中国で冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出された...... REUTERS/Thomas Peter

<中国の山東省青島市で、冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出されたことが明らかになった。10月中旬に集団感染が発生しており、冷凍食品の外装に付着したウイルスが感染源である可能性が疑われている......>

冷凍タラの外装から感染力のある新型コロナ検出

中国の山東省青島市で、冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出されたことが明らかになった。いわゆる「コールドチェーン」(生鮮品などを低温に保ったままでの物流)の中でも新型コロナウイルスが生き延びられることを示唆している。

これまでは、食品そのものや食品の外装に付着した新型コロナウイルスから感染することはないとされていたが、青島市では10月中旬に集団感染が発生しており、冷凍食品の外装に付着したウイルスが感染源である可能性が疑われている。

英紙ガーディアンによると、中国疾病予防管理センター(中国CDC)は10月17日、青島市内で冷凍タラの外装から、活性状態の新型コロナウイルスが検出されたと発表した。冷凍タラがどこで作られたものかなどは分かっていない。

青島市では集団感染を受けて、900万人とも1100万人とも言われる規模で市民の感染テストを実施した。冷凍食品の外装から新型コロナウイルスが検出されたのも、この集団感染を調査していた一環だった。

ガーディアンによると、今回の集団感染により、青島市内では2カ月ぶりに感染者が出たことになる。感染源は港湾作業員2人と見られており、この2人から他の12人に感染が広がった。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、作業員2人は外国から輸入された冷凍魚の積み荷降ろし作業をしており、これが感染の原因となった可能性が高いと中国当局は見ているようだ。

冷凍食品からウイルスの痕跡検出はこれまでも

WSJによると、中国では6月、北京で再感染が拡大した際に、生鮮市場で輸入サケを扱っていた業者のまな板から新型コロナウイルスが検出された。これを受けて当局は、生鮮品や冷凍の肉や魚を扱うスーパーや倉庫、ケータリング業者を中心に検査を行った。

こうしたこともあり中国当局は9月には、外国から中国の港に到着した肉や魚など50万サンプル以上を抜き取り検査したという。その際、冷凍食品──ロシア産のイカ、インドネシア産やノルウェー産の魚など──の外装から新型コロナウイルスの遺伝子の痕跡が検出された。しかし感染力を保った状態でウイルスが見つかったのは、今回の青島市のケースが初めてだとされている。

ニュース速報

ワールド

ロシア、北方領土にミサイル防衛システム配備

ビジネス

独、EU予算の早期承認に期待 「邪魔する愚かな国い

ビジネス

カナダGDP、第3四半期は40.5%増と過去最大 

ビジネス

米財務長官とFRR議長、中小企業巡り危機感 上院銀

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月