最新記事

K-POP

韓国BTSの朝鮮戦争めぐる発言で中国ネット民が大炎上 「ARMY」が襲われるなど波紋広がる

2020年10月15日(木)14時45分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)リックあずみ

朝鮮戦争についての発言で中国ネット民の怒りをかってしまったBTS。右から3人目がリーダーのRM。REUTERS/Mike Blake

<アメリカとの同盟関係を称えたBTSのメッセージに中国が横やり>

K-POPアイドルといえば、韓国国内だけに留まらず、グローバルに活躍することで有名だ。しかし、その分、政治的な発言や行動には十分な注意が必要であり、影響力があるグループであればあるほど批判もされやすい。

今年、韓国人アーティストとして初めて米ビルボードチャートで1位を獲得したBTS防弾少年団は、2018年に続き、先月2度目の国連でスピーチを行うなど、世界を舞台に活躍するアイドルの代表となった。

そんなBTSだが、今回ある授賞式で行ったリーダーRMの発言が中国で波紋を広げている。

中国でも圧倒的なファンを誇るBTS

K-POPの人気が高い中国では、BTSももちろん広く親しまれているアーティストである。先月1日、メンバーの一人ジョングクの誕生日に合わせて、中国の彼のファンクラブ会員約140万名がお金を出し合い、韓国の高速鉄道KTXの全20車両388メートルのラッピング広告を行ったことが話題となった。

韓国ではファンが、大好きなアイドルや俳優たちのためにお金を集めて広告費を出して誕生日を祝うことは有名だが、この規模は前代未聞だ。依頼したファンクラブ側と、KTX広告担当者の橋渡しを請け負った広告代理店MAMIL AD.comによると、ジョングクの誕生日である9月1日から10月4日までの広告掲載費用は、およそ8000万ウォンに上ったという。

このように、中国ファン達からも愛されているBTSだが、韓国と中国とのはざまで一体何が起こっているのだろうか。

70年前の戦争が今も尾を引く韓中

ことの発端は、10月7日に行われた"2020 Van Fleet Award"授賞式だった。これは、米韓関係の発展に貢献した人びとを表彰し称えるもので、今年は新型コロナウイルスの感染拡大のため、オンラインにて行われた。

受賞者には、BTSの他に大韓商工会議所(KCCI)や、朝鮮戦争に参加した米国兵士たちも一緒に受賞者として名を連ねていた。

受賞の喜びを一人づつコメントした際、BTSのリーダーRMは英語で、「今年は朝鮮戦争70周年です。私たちは両国が共に経験した苦難の歴史と、多くの男性と女性の犠牲を記憶しなければならない」と発言した。これについて、特に"(米韓)両国が経験した苦難の歴史"という部分が、中国の一部のネット民たちの怒りを買ってしまったという。

その後、中国国営メディア「環球時報」は、「韓国と米国を "我が両国(our two nations)"という単語を使用し、(苦難の歴史と言ったことは)つまり、朝鮮戦争時の中国軍人の高貴な犠牲を無視したということになる」「BTSは、"抗美援朝"(=米国に対抗し北朝鮮を助けるという意味) の歴史をよく理解しないまま、中国を侮辱している」「国家尊厳に触れたことは絶対に容認することができない」などの反応があったことを伝えた。

これを受ける形で中国外交部報道局副局長である趙立堅も、会見でこの問題にに触れ、「関連報道と中国ネットユーザー達の反応には注視している。 歴史を模範として未来に向かいつつ平和的友好を図るには、共に追求し努力する必要がある」と語った。

ニュース速報

ビジネス

中国は今後10年最大の成長市場=ダイムラーCEO

ビジネス

日銀、20年度の成長率・物価見通しを小幅下方修正へ

ビジネス

英中銀、一段の景気刺激策が必要になる公算=ブリハ委

ワールド

インドネシア、米国の哨戒機給油要請を拒否=関係筋

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 8

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 9

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 10

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月