最新記事

日本政治

次期首相にのしかかる3つの難題──ポスト安倍の日本を待ち受ける未来

Japan After Abe

2020年9月15日(火)19時00分
シーラ・スミス(米外交問題評議会上級研究員)

歴代最長政権を引き継ぐ新首相は日本をどこへ導くのか(写真は自民党総裁選での菅義偉官房長官のポスター) ISSEI KATO-REUTERS

<コロナ禍でアベノミクスの成果が一気に吹き飛ばされるなか、新首相に待ち受ける前途多難な未来とは>

8月末に日本の安倍晋三首相が突然辞意を表明したときは、国内外の多くが驚いた。歴代最長政権の記録を作ったわずか数日後のことだった。

外国人にとって、安倍はこれまでになく日本を世界に関与させた。国内では、安倍は政局に安定をもたらし、着実な政権運営をしてきた。つまり安倍は、国内外で日本の再生を代表する存在だった。

だが、安倍が官邸を去る準備をするなか、日本はいくつもの大きな課題に直面している。とりわけ次期首相に重くのしかかる課題は3つある。まず、新型コロナウイルス感染症の拡大と、それによる深刻な景気後退だ。

このウイルスへの対応には、世界中のリーダーが苦労している。日本では、安倍の対応が遅過ぎたという不満は聞かれるが、統計的には日本はかなりうまくやっている。厚生労働省によると、先週末の時点で感染者数は約7万3000人で、致死率は1.9%と世界的には低いほうだ。

だが、コロナ禍の経済への影響は甚大だ。とりわけ観光業界は、東京オリンピックの開催延期が決まったこともあり、とてつもない打撃を受けている。また、それ以上に気掛かりなのは、日本の経済活動全般の低迷だ。

新型コロナの問題が深刻化する前から、日本の経済は弱含んでいた。そこにコロナ禍が来て、アベノミクスの成果は吹き飛ばされた。2020年4〜6月期のGDPは年率換算でマイナス27.8%にまで落ち込んだ。このダメージは日本がもともと抱える弱点を大きくするだろう。

近年、アメリカを中心に保護貿易のトレンドが広がっていたが、コロナ禍でこれに拍車が掛かれば、グローバルなサプライチェーンに依存する日本の製造業は大打撃を受け、そこから抜け出すためには一段と大きなハードルを越えなくてはならなくなる。既に息切れ状態にあった日本経済は、長期にわたり苦しむだろう。

次期首相が直面する第2の大きな課題は、緊張が増すアジアで、日本の安全保障を維持することだ。安倍が日本の防衛力を極めて効果的に強化したリーダーだったことは間違いない。

安倍の任期中、日本は国防費を増やし、憲法解釈を変更して自衛隊が外国で活動しやすくし、国家機密の漏洩に厳罰を科す特定秘密保護法を成立させた。自民党と連立を組む公明党とで、衆議院の議席の3分の2以上を握っていることが、こうした大きな変更を可能にした。

専守防衛の転換はあるか

しかしまだやるべきことは多い。河野太郎防衛相は6月、アメリカから調達する予定だった地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を停止することを発表した。「コスト、期間を考えると合理的ではない」というのがその理由だ。

【関連記事】菅首相選出に国民はしらけムード、日本の統治体制は死に体だ
【関連記事】安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなかったリーダー」を懐かしく思い出すかもしれない

ニュース速報

ワールド

中国ロケット残骸、9日までに大気圏再突入の予想=米

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月