最新記事

生態系

【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

Tarantula Filmed Eating Bird in Horrifying Video

2020年9月10日(木)14時05分
ハナ・オズボーン

2016年には、ブラジル人科学者のホアオ・ビクトル・カンポスエシルバとフェルナンダ・アルメイダ・メイレリスが、鳥を捕食するクモについての研究報告を発表。この中で2人は、タランチュラが鳥を捕食した2つの例を確認したと書いている。1例目の獲物は、研究者たちが仕掛けた網にかかったメガネアリドリだった。

「タランチュラは鳥の目に毒牙を突き刺し、メガネアリドリは数秒で死に至った」と彼らは論文に書いている。「その後、タランチュラは自力で網を破り、網から約1.5メートル離れたところにある巣穴の入り口まで鳥を引きずっていった。11時間半後、メガネアリドリの頭部と体の一部が食べられていた」

2例目では、ピンクトゥータランチュラがミソサザイを捕食する様子が確認された。「1例目と同じように、タランチュラは鳥の目に毒牙を突き刺し、消化酵素を分泌させた後に鳥の頭を食べた」

2人の研究者は、どちらの例でもタランチュラが最初に鳥の目を攻撃したところが興味深いと述べ、目はほかの部分に比べて組織が柔らかいため、毒液をより素早く注入することができ、消化酵素をより素早く行き渡らせることができるのではないかと指摘している。「さらに注目すべきは、(タランチュラが)最初に食べるのが脳だという点だ。鳥の脳は大きく、体のほかの部分よりも発達している。栄養豊富な組織で、体のほかの部分よりも先に食べられるのも納得できる」

【関連記事】全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは
【関連記事】中国でホッキョクグマ並みの巨大ブタが飼養されるようになった

【話題の記事】
大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出
中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?
地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される
中国は「第三次大戦を準備している」
ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

20200915issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米次期財務長官にイエレン前FRB議長、バイデン氏が

ビジネス

FRB、23年後半まで実質ゼロ金利維持へ=シカゴ連

ワールド

米当局、リジェネロンのコロナ抗体薬を24日から配布

ワールド

原油先物は約2%高、コロナワクチン治験のニュースで

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月