最新記事

東南アジア

全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

2018年6月18日(月)17時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

インドネシアは人とヘビに密接な関係がある。軍の特殊部隊コパススは勇猛さを示すためにヘビを噛み切り生き血を飲む。REUTERS/Beawiharta

<山羊や犬を襲う巨大なニシキヘビが、女性を丸呑みにする事件が発生したインドネシア。背景にはこの国特有の人とヘビとの関係があるようだ>

インドネシアのスラウェシ島・東南スラウェシ州の島で6月15日、行方不明になっていた地元の女性が、捜索していた住民らによって全長7メートルの巨大ニシキヘビの体内から遺体で発見される事件が起きた。

スラウェシ島では2017年3月にも行方不明になっていた男性が全長7メートルのアミメニシキヘビの体内から発見されたほか、同年10月にはスマトラ島リアウ州で男性が全長7.8メートルのヘビに左腕を噛まれ、切断寸前になるなど巨大ヘビによる被害が続いている。

巨大ヘビではないものの首都ジャカルタ近郊の通勤電車の中で約1メートルのヘビが発見されたほか、ジャカルタ郊外でのコンサートで歌っていた歌手がキングコブラに噛まれて死亡する事件も起きるなど「ヘビ騒動」が続いている。

餌求め農園に出没する巨大ヘビ

南東スラウェシ州の州都ケンダリ南方にあるムナ島のペルシアパンラウェラ村に住む女性、ワ・チバさん(54)は6月14日の夜、自宅から約1キロのところにある畑に作物の様子を見にいったまま帰宅しなかった。

このため翌15日に親族や近隣住民約100人が畑の周辺を捜索したところ、チバさんのサンダルが見つかった場所から約30メートル離れた場所で腹が膨れたニシキヘビ(全長7メートル)を発見した。チバさんが飲み込まれた可能性が高いとみて住民らはヘビを捕獲し、殺した上で腹を切り裂いてみたところ、チバさんの遺体が発見された。

地元警察によるとチバさんは頭から飲み込まれており、体はほとんどそのままの状態だったという。

同じスラウェシ島では2017年3月24日に中部スラウェシ州サルビロ村で同様の被害が起きている。

同村のアクバル氏(25)がヤシ油の採取のため農園に向かったまま消息が分からなくなり、家族が地元警察に捜索願を出した。そして家族や住民が捜索を行ったところ、農園近くの溝にじっとしているアミメニシキヘビを発見した。

腹部が異常に膨れていたことから人間を飲みこんだ可能性があるとして、捕獲して腹を引き裂いたところ男性の遺体を発見。警察はアクバル氏と断定した。

ニュース速報

ワールド

韓国、高齢者へのアストラゼネカ製コロナワクチン接種

ワールド

台湾独立は戦争を意味する=中国国防省

ワールド

焦点:米極右「プラウド・ボーイズ」リーダー、捜査協

ワールド

米国の対中政策、戦略的競争相手は誤り=駐米大使

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月