最新記事

中国

中国でホッキョクグマ並みの巨大ブタが飼養されるようになった

2019年10月9日(水)18時00分
松岡由希子

こちらは、2015年に中国河北省で撮影された600キロを超える豚 REUTERS

<アフリカ豚コレラ発生で、豚肉の価格が高騰している中国で、体重500キログラムのブタが飼養され、話題になっている......>

中国南部広西チワン族自治区南寧市の畜産農家で、ホッキョクグマと同等の体重500キログラムのブタが飼養され、話題となっている。通信社のブルームバーグが報じた。

この巨大なブタを食用に飼養する畜産農家のホウ氏によると、このブタは南寧市の1ヶ月の平均可処分所得の3倍を超える1万元(約15万円)以上で売れるという。


アフリカ豚コレラ発生で、豚肉の価格が高騰

中国は、世界で最も豚肉の消費量が多く、世界最大の養豚国でもある。2018年8月に中国北東部遼寧省で豚およびイノシシの熱性伝染病「アフリカ豚コレラ(ASF)」の発生が初めて確認されて以降、その感染が広がり、中国の養豚業に深刻な影響を与えている。

中国では、2億5000万頭から3億頭のブタが殺処分されたとみられ、2019年1月から8月までに豚の飼養頭数が半減した。豚肉の供給不足に伴って価格も高騰し、2019年6月には国内の豚肉価格が30%上昇。7月からさらに2倍となり、最高値となる1キロあたり30元(約450円)から33元(約495円)で取引されている

中国の養豚業界では、「大きいほどよい」が広まる

中国の養豚業界では、収益性を高める観点から、中小の畜産農家を中心に「大きいほどよい」という考え方が全土で広まり、ブタが大型化しつつある。ブタの成体の平均体重は125キログラム程度だが、可能なかぎり大きく育てるようとするため、175キログラムから200キログラムに達するものもあるという。中国最大の養豚業者ウェンズ・フードスタッフ・グループ(温氏食品集団股份有限公司)など、大手企業でもこの傾向がみられ、豚の体重を従来よりも14%以上増やそうとしている。

中国政府では、2020年の春節(旧正月)までに通常の供給レベルへ回復させるべく、豚肉の供給不足への対策に乗り出している。胡春華副総理は、2019年9月、畜産が盛んな黄淮海平原地域の山東省・河北省・河南省を視察し、各地方自治体に対して肉豚の生産をできるだけ早く再開するよう促した

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月