最新記事

文化比較

日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

2020年7月11日(土)15時10分
アルモーメン・アブドーラ(東海大学教授)

日本人とアラブ人の仕事への意識にはかなり違いがある GCShutter/iStock.

<ビジネスにおける「日本人マインド」と「アラブ人マインド」は違うが、両者をつなげる「パブリック・ディプロマシー」がこれからますます重要に>

ここ数年、日本とアラブ諸国の経済または科学技術の交流が徐々に深まっていくにつれて、日本人とアラブ人の接触する機会が増えている。ただ、言語と文化の壁により、互いの社会の情報を完全に理解できず、受け入れられないことがある。互いの偏見や誤解、ステレオタイプといった障壁によって対立が蔓延する国際社会を前に、注目を集めているのが「文化外交」とも訳されるパブリック・ディプロマシー (public diplomacy) である。

この種の外交の中心となるのは必ずしも政府だけでなく、政府と民間が連携して取り組むことでより大きな効果を生み出すとされている。 パブリック・ディプロマシーの関連分野はさまざまだが、その中で私が特に注目するのは「ビジネスや仕事の感覚」というものだ。

大半の人々は、生きていくために働かないわけにはいかない。また人間は労働という行為を通して、自らの存在意義を確認する。つまり働くということは、個々人の独立と自尊心の充足にとって必要不可欠な行動だ。ただ、国のいろいろな事情によって仕事の感覚とそのリズムはバラエティーに富んでいるのが実情である。それでは、アラブ人はどのような仕事のあり方を理想的だと考えているのだろうか。

NHK放送文化研究所の「日本人の意識」調査にある条件項目を参考に、「理想の仕事」についてアラブ人50人に聞いてみたところ、次のような条件があがった。

1)働く時間が短い仕事
2)失業の心配がない、安定した仕事
3)高収入が得られる仕事
4)責任者として采配が振るえる仕事  
5)世間から一目置かれ、もてはやされる仕事
6)世の中のためになる仕事
7)専門知識や特技がいかせる仕事

この中で、アラブ人が最も重視している条件は何かに関しては、その人の出身地によって差が見られるだろう。

ペルシア湾岸地域出身のアラブ人30人に、「一番理想の仕事の条件は何か」と聞いてみたところ、トップの答えは「責任者として采配が振るえる仕事」だった。アラブ人全般(50人)では、「世間から一目置かれ、もてはやされる仕事」「専門知識や特技がいかせる仕事」「働く時間が短い仕事」の3つの答えが並んだ。

アラブ人の仕事感覚には1つの特徴が見られる。それは「独立志向」だ。「さすが一匹狼のアラブ人だなあ」と思うかもしれない。確かにアラブ人は独立して一国一城の主になることに価値を見出すところが大きいが、今の時代ではこの常識も消えつつある。目まぐるしく変化する経済事情などによって、引き受けるリスクが増大している。そのため、リスクを伴った「独立志向」がだんだん減少し、「安定志向」が増えているのだ。

<関連記事:「自粛」という言葉の向こうに見えてくる日本人独特のマインド

ニュース速報

ワールド

プーチン氏、バイデン氏の息子巡る疑惑否定 トランプ

ワールド

スペインが再び全土に緊急事態宣言、夜間外出禁止や移

ワールド

新型コロナワクチンの有効性、12月初めまでに判明=

ワールド

EXCLUSIVE-中国アリババ傘下のアント、上海

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

  • 4

    中国はトランプ再選を願っている

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    欧州コロナ第2波が深刻化 オランダは医療逼迫で患者…

  • 7

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    「トランプの再選確率、討論会後に小幅上昇」英ブック…

  • 10

    アフターピル市販で「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月